「GLOW」idomの歌詞の意味と曲から伝わるメッセージとは

「GLOW」idomの歌詞の意味と曲から伝わるメッセージとは

「GLOW」idomの歌詞の意味についてはドラマの主題歌でもあったため、内容について詳しく知りたい人も多いのでは。

今回は「GLOW」idomの歌詞の意味と、曲から伝わるメッセージについて詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

ドラマについて

「GLOW」idomが主題歌として使用されたのは、「競争の番人」というドラマです。坂口健太郎と杏がW主演を務めました。

このドラマは「元彼の遺言状」の原作者で、第19回「このミステリーがすごい!」対象を受賞した、新進気鋭の作家・新川帆立が「小説現代」にて連載して、5月に発売された「競争の番人」が原作です。

ストーリーとしては公正取引委員会を舞台に、女性審査官とキャリア組の男性審査官のバディが、市場を支配する悪に向けて挑むミステリー。

坂口健太郎演じる男性は、公正委のキャリア審査官です。エリートではあるのですが理屈っぽくてひねくれた性格でもあります。

そして杏が演じる女性は実直で感情のままに行動をする元刑事。公正委員会の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まります。

経済活動における自由で公正な場所を守るために、努力をしていくのです。実態についてあまり知られることのない公正取引委員会を舞台としたドラマのため、知識を得たり学んだりする面も多いでしょう。

 

曲に込めた思い

強さは辛い経験や自分の弱さを乗り越えようとする姿なのでは、という思いがあるとidomは語っています。

楽曲全体を通し、弱い自分を乗り越えようとする姿を曲にしたのです。負けたり悔しい思いをしたりして、今とても苦しい気持ちでいる人の光になれる曲になれば嬉しいという思いが込められているのです。

 

ジャケット写真について

「GLOW」idomのジャケット写真は、鮮やかな赤い世界の中で薄く輝く青い光に向かって躍動するidomが印象的です。

実際に一度見ると、引き込まれるような世界を底に感じることができる写真でしょう。今回のアートワークを手掛けたのは、広告やロゴそしてパッケージやCDジャケット、そしてグッズデザインなど多岐に渡り活躍している丸井motty元子です。

 

「GLOW」の歌詞の意味

涙がこぼれた跡、優しさも一緒に落ちていったように感じるのです。何を見ていたのだろう、後悔ばかりを繰り返しているのです。

暗い世界を彷徨うように生きる、そんな自分の足元を照らしてくれるのは大切な存在だと思える人の心でしょう。

だからあの時流した涙に対しても、いつか笑顔になれるはずだと思える。そして輝けることを信じられるのです。

大切なものに対して、失ってから気づくこともあるでしょう。でもいつも同じようにそうなってしまう自分を感じる時も。

もし痛みを感じたとしても、それを越えていきたい。そうすればきっと未来を掴むことができるのです。きっと輝くとても美しい光を見つけられるでしょう。

失くしていた温もり、でも今はどこにあるのか分かったのです。道を示してくれる大切な人の手を握り返しながら、弱いままそしてもがきながらでも進んでいきたい。

暗い闇も今は自分の未来のための大切な足跡。本当の強さ、それはきっとここにあるのです。このように思い、輝きを見つめ続けているのでしょう。

自分は他の誰かになることはできない。だから自分として自分の人生を生きていくのです。なぜ大切なものは失うまで気づくことができないのでしょう。

痛みは越えられる、だから未来を掴もう。超えられた後には、きっと自分たちだけの光があるから。

 

ドラマとのリンク

glowとは焼けた鉄や炭のような柔らかく輝く光を意味しています。点滅していない光のことを言うのでしょう。

人で例えると動詞では「熱くなる」そして名刺では「熱情、満足感」という意味もあるのです。

このドラマの中の主人公の男性は、弱さを感じても戦おうとする使命感を燃やしています。そして主人公の女性はめげることのない、強さを持ち続けている人物でしょう。

この点から考えると、二人とも熱さを持ちながら自分の中の信念を貫こうとする面があるのです。このため主題歌の「GLOW」とリンクしていると言えるでしょう。

 

大切にしたい思いとは

優しさという光で心を照らしてくれる存在があるのです。自分の中の闇を感じる時があっても、きっとその輝きの方へ導いてくれるでしょう。

だから1人で苦しまなくてもいい、きっと辛さを分け合うことができる存在がいてくれるから。

何かに挫折をして苦しいと思うような時、後悔を繰り返すような時もあるでしょう。そして悲しみを感じながら過ごす日々もあるのです。でもそんな自分に対しても、大切な存在は寄り添ってくれると感じられるでしょう。

 

前を向くために聴いていきたい曲に

今は挫折をして苦しいとしても、いつかきっと笑顔になることができると信じられるのです。このためにも前を向いて歩いていきたい思いがあるのでしょう。

どんな時でも大切な存在を感じることができれば、きっとこれが強さになり進むことができる。そう信じられるのは、とてもやっと出会えた存在があるからでしょう。美しい透明感のある歌声とメロディーが心に響く、とても素晴らしい曲だと感じます。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>あいみょん「3636」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

関連記事

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…
  2. Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    2022-11-28

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味については、強いメッセージを感じられる内容にもなっているので把握し…
  3. 緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-27

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として書き下ろされた楽曲でもあるので、…
ページ上部へ戻る