「深海」森七菜の歌詞の意味と心に響くメッセージ

「深海」森七菜の歌詞の意味と心に響くメッセージ

公開日 2021年9月2日 最終更新日 2021年9月23日

「深海」森七菜の歌詞の意味は、YOASOBIのコンポーザーAyaseがプロデュースをしたということからも注目をしていきたいですね。

森七菜の持つ透明感や柔らかい雰囲気はとても魅力的です。そんな彼女がこの曲をどう表現しているのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

森七菜について

アニメ映画「天気の子」のヒロインに抜擢されてから、注目を浴びました。そして「ラストレター」という映画をきっかけに歌手デビュー。

ホフディラン「スマイル」のカバーは、最近でもテレビで聴くことがあり笑顔がとても素敵ですよね。

1年振りの新曲として「深海」がリリースされたのです。森七菜がAyaseに現在の思いを伝え、それを元に歌詞と曲を書き下ろしました。

 

歌詞の意味について

忙しい中で日々は過ぎていくのです。きっと自分の帰る場所はここ。それが正しいとしても、大切な人の声を聞きたくなるのです。

まるで深い海の底にいるような気持ち。この時の自分はまるで魚のよう。水の中に光が差し込んでくるのです。そこに向かい届いてほしいと手を伸ばすのです。

大切な人には見えているのでしょうか。輝く星や夢や曲の中の主人公の気持ち。もしかしたらどこかで涙しているのかもしれない。

どうか幸せでいてほしいと思う声は、泡になってしまい届かないように感じるのです。街の中にはキラキラとした灯。

きっとこれからも日々は休むことなく続くのでしょう。これに対してどこかやるせなくなるのです。

会いたいという思いがあるのです。でもそっとつぶやいた声さえも、他の人の声に消されるような街の中。

日々の出来事や思ったことを伝えたいのです。元気でいる自分を知ってほしい。そして大切な人には今日どんなことがあったの?昨日はどんな出来事があったのだろう…と考えるのです。元気にしてほしい思いがあるから。

離れた場所に住んでいても、同じ空を見上げているのです。大切な人には悲しみではなく優しさや穏やかさを感じて、笑顔で過ごしていてほしい。

一緒に過ごした二人の場所。自分の心が戻るのはいつも同じなのです。きっとまたそこで笑顔で会える、信じながらそっと眠る夜。

 

大切な人を想う温かく優しい心が印象的

大切な人と心がつながっていると信じている、だから日々を過ごしていけるのでしょう。でも寂しさを感じたり、切なくなったりすることもあるのです。

このような時には、一緒に過ごした時間を心に思い出しまるで深海の中にいるように、眠る夜があってもよいかもしれません。

いつかその中から、光に手が届く日がきっとやってくるでしょう。

関連記事

  1. ぱーてぃーちゃんのネタは弾け?おもしろ荘で注目度急上昇トリオ

    2022-1-22

    ぱーてぃーちゃんのネタは弾け?おもしろ荘で注目度急上昇トリオ

    ぱーてぃーちゃんのネタは、パーティーのようにハッピーになると人気上昇中のお笑いトリオです。「新春おも…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. ぱーてぃーちゃんのネタは弾け?おもしろ荘で注目度急上昇トリオ

    2022-1-22

    ぱーてぃーちゃんのネタは弾け?おもしろ荘で注目度急上昇トリオ

    ぱーてぃーちゃんのネタは、パーティーのようにハッピーになると人気上昇中のお笑いトリオです。「新春おも…
  2. UVERworld「EN」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-1-21

    UVERworld「EN」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    UVERworld「EN」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌としても使用されたので注目したい曲と…
  3. 深津絵里の朝ドラの演技は最高のプレゼント!必見の演技は秀逸

    2022-1-19

    深津絵里の朝ドラの演技は最高のプレゼント!必見の演技は秀逸

    深津絵里の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」での演技が、かわいいと絶賛されて話題になっています。久しぶり…
ページ上部へ戻る