Saucy Dog「紫苑」の歌詞の意味とアニメ映画との関連性について

Saucy Dog「紫苑」の歌詞の意味とアニメ映画との関連性について

Saucy Dog「紫苑」の歌詞の意味については、アニメ映画の主題歌でもあるため内容について把握をしておきたいところです。

どのような形でリンクしているのかも、興味深いですよね。では今回はSaucy Dog「紫苑」の歌詞の意味と、アニメ映画との関連性について詳しくお伝えしていきましょう。

 

アニメ映画について

Saucy Dog「紫苑」が主題歌になっているのは、『君を愛したひとりの僕へ』というアニメ映画です。

この映画のために、主題歌として書き下ろした作品です。この映画は乙野四方字の小説をアニメ化したものです。

『僕が愛したすべての君へ』と共に、2作同時公開になっています。並行世界を行き来することができる世界の同じ名前の二人の少年が、それぞれの世界で一人の少女と恋をするというストーリーになっているのです。

Saucy Dogは映画の挿入歌も担当しています。もう一方の映画『僕が愛したすべての君へ』の主題歌は須田景凪が務めました。

 

コメントについて

Saucy Dogの石原慎也のコメントとしては「時間を戻せたら、あの時どうしていれば二人でいられたのか、そんな誰かと誰かの物語」

望んでいた未来にはきっととても遠いものなのですが、きっとまた会える時や場所があるのです。この時には待ちくたびれたと言ってほしい。そして思い出話を一緒にできるように感じるのでしょう。

 

「紫苑」の歌詞の意味について

気づかないうちに二人は、とても近くにいたのです。もし時間を戻すことができたのなら、違う運命だったかもしれないとの思い。

何歳になっても奇跡というものを信じていたかったのです。もし自分自身で老いたと感じたとしても、必ず迎えに行きたい存在がいると感じるのでしょう。

もしもという話は、二人で一緒によくしてきたのです。どうせと思うよりも、きっとの方が楽だと思う気持ちがあったのでしょう。

さよならを苦しいと思うのは、涙が理由なのかもしれません。できればいつものように、じゃあねと笑顔で離れたいのです。

今日から二人ではなく一人になったとしても、きっとどこかでまた会えるような気がするのです。

あの頃の夏に、二人は風さえも追い越すことができたのでしょう。そしてまだ知らない世界へ、二人だけの未来のためにと進めたのです。

変わってしまうことは、もう何をしたとしてもきっと変わらないのでしょう。でも時間を戻せたとしたら、違う運命だったように思う気持ちも。

夜の闇の中に沈むものは未来を見つけたい思いがあっても、二人がもう戻れないということを感じさせるのです。

でもどうしても掴みたくてもできなかった、その未来を迎えに行きたいのです。さよならを苦しいと感じるのは、涙のせいなのでしょう。

いつものようにできれば、じゃあねと笑い合いたいのです。今日からひとりずつの日々。それでもきっと、どこかでまた会えるようなことがあるかもしれません。

この時がくるのを何となく感じるのです。理由などなくても、ただ自分の感覚を信じたい思いがあるのでしょう。

もし世界が全てを忘れてしまったとしても、迎えに行くと誓うのです。最初から全てが繋がっているのです。今日からその日までも繋がりがあるはず。

だからまた会えたとしたら、思い出話を一緒にしたい大切な存在だと感じるのでしょう。

 

まるで円環をなすように

2つの物語が構成されていてどちらから読むのも自由で、読んだ順番により切なくて幸せな物語が浮かび上がってくるという仕掛けがあるのです。

人々が少しだけ違う並行世界の間で、日常に揺れ動きながら時が経つのでしょう。切ない物語が好きな人は『僕が愛した全ての君へ』から読むといいですね。

そして幸せな物語が好きな人は『君を愛したひとりの僕へ』から読むとよいでしょう。それぞれの結末が切なく、幸せなものだからこそ興味深いのです。

どのように切ないのか、そして幸せなのかについては実際に読むことにより分かるでしょう。

 

いつまでも大切な人を想い続けるラブソング

どのような状態でも何があったとしても、いつまでも大切な人を想い続けるとても切ないラブソングです。

二つの物語はそれぞれ独立しているのですが、世界は交差しているのです。観る順番によりラストの感じ方が変わるというのもとても魅力的ですね。

Saucy Dog「紫苑」は、物語とリンクしている歌詞の内容になっています。今は近くにいないとしても、必ず迎えに行くと誓っているのです。

そこには相手をとても大切に思う心が、表現されているのでしょう。互いにほのかな恋心を抱く二人でも、ある出来事が起こり全てを変えてしまうのです。

このため違う世界に跳ぼうとするのでしょう。でも彼女のいない世界、そこに意味を感じられないのです。

 

違う未来への希望

どう動いてもどう変えようとしても変わらない世界。でもどこかで会えた時には、今の状態が変わっているかもしれません。

二人にとっての結ばれない未来、これが待つ世界ではなく別の世界に行きたい思いがあるのです。その世界に対して希望を持っているのでしょう。

自分の心の中の大切な思いをこのまま持ち続けていたいという、強さと切なさを感じる曲になっています。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>ヨルシカ「チノカテ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

スポンサーリンク

関連記事

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…
  2. Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    2022-11-28

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味については、強いメッセージを感じられる内容にもなっているので把握し…
  3. 緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-27

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として書き下ろされた楽曲でもあるので、…
ページ上部へ戻る