ヨルシカ「チノカテ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

ヨルシカ「チノカテ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

ヨルシカ「チノカテ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として使われた曲でもあるため内容をしっかりと把握したい思いを持つ人も。

今回はどのような曲を届けてくれたのか、とても興味深いですね。ではヨルシカ「チノカテ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について、詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

ドラマについて

この曲が主題歌として使われたのは、波瑠が主演を務めて間宮祥太朗が共演したカンテレ・フジテレビ系の月10ドラマ『魔法のリノベ』です。

ドラマの内容としては、大手リフォーム会社で素晴らしい営業成績を持つ主人公の女性が、男性ばかりの福山家が営む「まるふく工務店」に転職をすることから始まります。

そしてその女性とタッグを組むのが、営業成績が0点で離婚歴のあるシングルファザーの男性です。

正反対な面もあり、共通点もある2人が繰り広げていく日々。そんな中で様々な問題を抱える依頼人のために、脳力と体力を駆使して住宅リノベを提案していくのです。

 

モチーフにした楽曲

「チノカテ」はアンドレ・ジッドが1897年に発表した『地の糧』という作品を歌詞のモチーフにした楽曲です。

ジッドは1893年に来たアフリカに訪れ、そこでの体験が文学者としての道を拓くことに。ノーベル文学賞を受賞している世界的な作家です。

この曲は生活の中で、ふと花瓶の花が散ったことに気づくような情景をイメージして制作されました。

 

MVについて

「チノカテ」のMVは実写映像にアニメーションを合成した作品に。男女の暮らしと二人の別れ、そしてそれから先の人生について描いています。監督はRyo Ichikawa(koe Inc.)が務めています。

 

「チノカテ」の歌詞の意味について

コップを見て、まるでルビーのようだと感じるのです。夕陽を飲み込んだように見えたから。生活感のある風景の中、テーブルの上にコップを置くのでしょう。

なぜか花瓶に生けた白い花が枯れてしまったのです。とても大切にしていたはずなのに。そそろ花を変える必要があるのかもしれません。夕陽が見えて、とても綺麗だと感じられるのです。

先を描く地図がほしい、もっと先のものはないのかと思う時があるのでしょう。迷いそうだと感じるから。

それでもいいと思う気持ちを持ちながら、本当は要らないと思っていたソファや本を捨てることにしたのです。そして町へ出かけたい。

心が本当は頭にあったように思うのです。間違えてしまったように思う気持ちもあるのでしょう。

花瓶に生けた白い花が、気づかない間に枯れてしまったのです。本当に大切だったのなら、買わなければよかったのかもしれない。でも散ってしまっても、綺麗だと思う気持ちもあるのでしょう。

自分には大切な夢があるのです。でもこれにより、相手のことを束縛しているという不安も。投げ出してもいいと言える勇気があるのなら、本当に欲しかったもの全て捨てることができるでしょう。

大切な人の欲しがっていた、自分というものを捨ててしまったと感じるのです。あんなに大事にしていたのに…と思い出す時があるのでしょう。

花瓶の中の白い花、枯れてしまったことにさえ気づけなかった。本当に求めていたのは、枯れた花を変えてくれる人だったのかもしれません。

「待ってほしい」本当に行ってしまうと感じるから、このように思うのでしょう。今後のもっと先にある場所を描く地図、それがほしいのです。地図がなくても迷わないのかと、心配してしまう思いがあるから。

そして本当は要らないと思っていたもの、ソファや本も捨てることにしようという気持ちがあるのです。これでいいと感じながら。

大切な人の夜を照らす光があってほしいのです。それがなくても行ってしまうのでしょうか。そのままでいい、だから全部読み終えた後には目を閉じずにいてほしいのです。この後に本を捨てて、進んでいきたい思いがあるのでしょう。

 

振り返りながらも前へ

一度は振り返るようなことがあってもいいのです。でも何度もそれを繰り返していては、前に進むことができないままになってしまう。

このためできれば大切な人には、前を向いて進んでほしい思いがあるのでしょう。これから先にどう進んでいくのか、大切な存在だと思えば思うほど心配になることも。

どうか光が照らしてほしい、大切な人が歩みやすいようにと願うのです。自分ができることは、もうあまりないかもしれない。

それでもこのままでいるのではなく、歩き始めなければという思いがあるのでしょう。

 

白い花が表現するものとは

この曲の中に登場する白い花が、何を表現しているのかがとても気になります。白い花はとても純粋で繊細さを感じるもの。

でもこの花が枯れるということは、曲の中の主人公の純粋な心が失われてしまうことなのかもしれません。

このように思いながら曲を聴くと、本当に大切にしていた存在への切ない思いも伝わってくるはずです。

そしてとても素晴らしい表現力により、ひとつのストーリーを感じられる内容になっているでしょう。これからのヨルシカの活動がとても楽しみですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>back number「ベルベットの詩」の歌詞の意味と曲から感じるメッセージ

関連記事

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…
  2. Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    2022-11-28

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味と曲から感じる魅力について

    Vaundy「忘れ物」の歌詞の意味については、強いメッセージを感じられる内容にもなっているので把握し…
  3. 緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-27

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    緑黄色社会「ミチヲユケ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として書き下ろされた楽曲でもあるので、…
ページ上部へ戻る