松岡茉優の芸能界入りのきっかけは?アイドル好きの人気女優はマルチな才能を発揮

松岡茉優の芸能界入りのきっかけは?アイドル好きの人気女優はマルチな才能を発揮

松岡茉優が芸能界に入ったきっかけが気になりますよね。オーディションを受けて、原宿でスカウトされてなどのよくあるような芸能界入りのきっかけでしょうか。

若手女優として演技力もあり、バラエティではトーク力も高く、アイドル的な要素も兼ね備えたマルチな才能を発揮しています。魅力溢れる松岡茉優について紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

 

芸能界入りのきっかけは?

松岡茉優(まつおかまゆ)は、1995年2月16日生まれの25歳(B型)。東京都出身です。二人姉妹の長女で、まだ3歳だった妹がスカウトされました。妹の面接に母に連れられて、8歳の茉優も一緒に行くことに。すると、姉の茉優も勧められ、姉妹二人とも子役タレントとして芸能事務所に所属することになったのです。

現在芸能活動ができているのは妹のおかげと言う松岡茉優。今でこそ人気女優として幅広く活躍し引っ張りだこですが、子役時代にはオーディションを沢山受けても、なかなか受からない日々が続いていました。

苦い経験もし、メンタルも鍛えられて現在の活躍につながっているのかもしれません。どちらかというと妹の松岡日菜の方が、ドラマや映画・CMなどに出演していました。しかし、妹は子役として活動後、芸能活動を止め学業に専念しています。

公式サイト:https://www.matsuokamayu.jp/

 

最初の転機はバラエティ

最初の転機は、2008年の13歳の時にテレビ東京系列の子供向けバラエティ「おはスタ」に「おはガール」として抜擢されたことでした。

7歳の頃から大好きだった憧れの番組です。中学校を卒業するまで2年間、朝から元気な笑顔を全国に届けていました。おはスタ出演に出会えたことで、芸能界で続けていく気持ちが強くなったことでしょう。MCを務めていた山寺宏一を今でも慕っています。

 

女優としてブレイクするきっかけ

2013年に18歳で出演したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が大ヒット。能年玲奈(のん)・有村架純・橋本愛・足立梨花・福士蒼汰など、たくさんの若手俳優を有名にした番組でした。

松岡茉優もその一人です。アイドルグループGMT(GiMoTo:地元の代表アイドル)のリーダーを務め、埼玉代表の役で名産のネギをモチーフにした衣装で熱演し話題になりました。女優としてブレイクするきっかけをつかんだのです。

 

プロ意識の高さが魅力

「モーニング娘。」の大ファンという松岡茉優は、2016年に本人役として出演したドラマの企画で、モーニング娘のセンターに立ったのです。アイドルに引けを取らない可愛さとパフォーマンスを披露しました。

完璧に歌やダンス、フォーメーションをこなし、見事にアイドルとしてセンター役を演じ、衣装を着た姿で見せた見事な腹筋も話題になりましたよね。

それだけストイックに体から心まで鍛え上げて、憧れのモーニング娘に臨んだのです。プロ意識の高さに感心させられた人も多いでしょう。

 

映画「騙し絵の牙」

松岡茉優が出演している映画「騙し絵の牙」。公開が2021年に延期となりましたが、注目の映画です。公開日の発表が待ち遠しいですが、楽しみにしましょう。

関連記事

  1. 堤真一の年齢は!主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    2022-1-27

    堤真一の年齢は?主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    堤真一の年齢や経歴などが気になるという人もいるのでは。堤真一が主演を務めるTBS系列の金曜ドラマ「妻…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 堤真一の年齢は!主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    2022-1-27

    堤真一の年齢は?主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    堤真一の年齢や経歴などが気になるという人もいるのでは。堤真一が主演を務めるTBS系列の金曜ドラマ「妻…
  2. YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味と舞台との関連性

    2022-1-25

    YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味と舞台との関連性

    YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味については、舞台のテーマ曲でもあるので理解したい思い…
  3. 岩城滉一が北海道移住計画を始動!人生を謳歌する憧れの存在

    2022-1-23

    岩城滉一が北海道移住計画を始動!人生を謳歌する憧れの存在

    岩城滉一が北海道に移住する計画を発表して、すでに具体化して始動していることが話題になっています。名作…
ページ上部へ戻る