King Gnuの「どろん」の歌詞の意味と映画との関連性

King Gnuの「どろん」の歌詞の意味と映画との関連性

King Gnuの「どろん」は映画の『スマホを落としただけなのに』の主題歌に使われています。この曲はニューアルバムに収録されている曲。

今回はこの「どろん」の歌詞の意味、そして映画との関連性についてもお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

映画との関連性

映画では愛情への不安や焦り、そしてネット社会の危うさや怖さが表現されています。これをシンクロさせて書かれたのが「どろん」という曲なのです。

刑事と犯人の関係性に対して、キツネとタヌキの化かし合い的なので、このタイトルに結びついたとのこと。

映画は主題歌により、かなりイメージが違ったものになりますよね。主題歌の魅力が直接映画に結びつくかどうか。そして映画の魅力に加えられることができるのかは、とても大切なでしょう。

これに対してどちらも可能になっているのが、この曲のように感じます。映画と実際にとても合っている。だから違和感なく、この映画を観ることができる人も多いでしょう。

 

歌詞の意味について

期限があるからこそ、とても焦る気持があるのです。曲の中の主人公は、このことに気づいているのでしょう。

いつまで自分だけが、蚊帳の外にいなければいけないのか…という不安も感じているのです。

味方がどこにいるのか、探していても見つからない時に焦りを感じますよね。そしていつも繕いながら、自分の居場所をなんとか守ろうとしているのです。

大切に思える人を、待つ自分もいるのでしょう。世の中全て白黒をつけてはっきりさせてしまいたい、こう思う人は多いですよね。

でもいつもこのようには、言っていられないのです。時にはグレーでいなければいけない時も。曖昧な生き物、それが人間なんだと曲の主人公は思っているのでしょう。

ガードレールがあれば、もう少し人生を落ち着いて過ごせるかもしれない。でもこれがないからこそ、手元が狂えばすぐに道を外してしまうのです。

落ちていくことで、疎外されたり化け物扱いされたりしてしまう。散らかった部屋と表現しているのは、自分の現在の部屋ではなく、きっと人生そのもの。

この中でとても臆病な気持ちになってしまうのです。締めた窓により呼吸が重くなるのを、感じているのでしょう。

自分を好きになるためには、どうすればいいのだろう。こう考えることもありますよね。でも好きになるためには、高く飛ばなければいけない。欲しいと思うもののためにも飛ぶ必要があるのです。

でも膝を曲げてしゃがむことで、高く飛ぶこともができるのでしょう。一人ではいたくない、孤独を感じたくないからこそ、この状態から抜け出したいのです。

人生の無情について切なく思いながらも、これを受け入れるしかないと感じているのでしょう。

 

「どろん」の歌詞はとても意味が深い!

「どろん」の歌詞は、とても深いです。でも深いからこそ心に響くものもあるでしょう。実際に人は「どう生きて行けばよいのか分からない」と悩むもの。

悩んでいてもよいんだと、思わせてくれる曲なのです。このうえで、進む方向を決めていこうと、思えてくるのでしょう。

関連記事

  1. 相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    2020-10-24

    相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    相席スタートの山崎ケイが結婚したことを、2020年10月14日に発表しました。相席スタートは、山崎ケ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    2020-10-24

    相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    相席スタートの山崎ケイが結婚したことを、2020年10月14日に発表しました。相席スタートは、山崎ケ…
  2. 姉ちゃんの恋人のキャストとストーリーについて見ていこう!

    2020-10-23

    姉ちゃんの恋人のキャストとストーリーについて見ていこう!

    「姉ちゃんの恋人」のキャストに抜擢されたのは誰なのでしょうか。10月27日から始まるこのドラマ。 …
  3. いきものがかりの「きらきらにひかる」の歌詞の意味と込められたメッセージ

    2020-10-22

    いきものがかりの「きらきらにひかる」の歌詞の意味と込められたメッセージ

    「きらきらにひかる」は、いきものがかりの新曲として発売されました。ドラマの主題歌として書き下ろされた…
ページ上部へ戻る