「夜に駆ける」YOASOBIの歌詞の意味と人気の理由について

「夜に駆ける」YOASOBIの歌詞の意味と人気の理由について

夜に駆けるはYOASOBIの1作目のシングルです。小説を音楽にするユニットとして、初の作品ですから、期待もとても大きく今も聴いている人はとても多いですよね。

SNS上でも話題になっています。今回はこの曲の歌詞の意味と、人気の理由についてお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

原作について

原作は星野舞夜の「タナトスの誘惑」という小説です。小説が原作というところから、今までの楽曲とは異なるように感じますよね。

「どのようにして小説の世界を表現しているのだろう?」と興味を持つ人も多いでしょう。でも「夜に駆ける」を聴くと、自然に小説の世界が見えてくるからとても不思議です。

その感覚も今までにないものなので、魅力を感じて人気があるのかもしれません。

 

歌詞の意味について

歌詞がとても綺麗で、聴いていて引き込まれる曲です。大切な相手への愛情が感じられる曲でもあるでしょう。

二人の空が広がっていく夜、まるで沈んでいくようで溶けるようでとても不思議なもの。

さよならを告げられた、その一言により色々なことが分かったのでしょう。日が沈みだした頃に、大切な人の姿がフェンスと重なっていた風景。

目を閉じるとイメージできるものでもあるのです。初めて会った日に恋をしたのでしょう。儚い雰囲気のその人の目は、寂しさを感じさせるものだったのです。

いつも時は刻まれていきます。この世界で何度でも心ない言葉や耳を塞ぎたくなるような声に、涙が出てしまいそうになる時もあるでしょう。でもこんな世界でも、二人ならきっと喜びを見つけられるはずなのです。

騒がしいと感じる日々、笑うことが出来ない時もありますよね。でも大切な人に精一杯の眩しい明日を、感じてほしいと願っているのです。

明けない夜に苦しい気持ちのまま落ちてしまいそうになる前に、自分の手を掴んでほしいと思っているのでしょう。

忘れてしまいたいと思って閉じ込めていた日々も、抱きしめて温もりで溶かしてあげたいほど、大切に思う相手なのでしょう。

二人で過ごせば時間はとても素晴らしいものになるのです。涼しい風がまるで空を泳いでいくように吹いているのです。

手をずっと繋いでいれば、これから先に何も怖いことはないでしょう。そして二人で夜の中を駆けていくのです。

愛する気持ちがあるから、それができるのかもしれません。優しさや温かさを感じる曲でもあります。

 

YOASOBIのこれからについて

YOASOBIは小説を原作とする曲を、既に3曲発表しています。とても歌詞が深い内容で、小説を読んでみたいと思えるような、とても美しい言葉が並んでいるのです。

伝えたい内容についても、とても分かりやすいので心に届きやすいのでしょう。とても魅力的なユニットですから、これから更に人気が出そうですね。

関連記事

  1. 相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    2020-10-24

    相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    相席スタートの山崎ケイが結婚したことを、2020年10月14日に発表しました。相席スタートは、山崎ケ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    2020-10-24

    相席スタートの山崎ケイが結婚!お相手は元吉本芸人で落語家に転身

    相席スタートの山崎ケイが結婚したことを、2020年10月14日に発表しました。相席スタートは、山崎ケ…
  2. 姉ちゃんの恋人のキャストとストーリーについて見ていこう!

    2020-10-23

    姉ちゃんの恋人のキャストとストーリーについて見ていこう!

    「姉ちゃんの恋人」のキャストに抜擢されたのは誰なのでしょうか。10月27日から始まるこのドラマ。 …
  3. いきものがかりの「きらきらにひかる」の歌詞の意味と込められたメッセージ

    2020-10-22

    いきものがかりの「きらきらにひかる」の歌詞の意味と込められたメッセージ

    「きらきらにひかる」は、いきものがかりの新曲として発売されました。ドラマの主題歌として書き下ろされた…
ページ上部へ戻る