WANIMAの「春を待って」の歌詞の意味と楽曲の魅力について

WANIMAの「春を待って」の歌詞の意味と楽曲の魅力について

WANIMAの「春を待って」の歌詞は、意味がとても深いです。この曲は1月からスタートしたツアーで、演奏してきた曲。

こういう中でライブ中止が決定したので、ツアーでの新曲をレコーディングすることが決まったのです。それが音楽を支えにしている人への彼らからの熱い思い。

今回はWANIMAの「春を待って」の歌詞の意味、そして楽曲の魅力についてお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

最速で配信を実現

本来は発売予定ではなかったのですが、ツアーで披露していた新曲を早く届けたいというWANIMAの思いから、レコーディングを決行したのです。

中止になったツアーの日にレコーディングをして、最速での配信が実現しました。実際のツアー映像に加えて、中止を発表した直後のミーティングの様子、レコーディングをする姿が収められています。

WANIMAの音楽を大切に思う気持ちや、ファンへの感謝や励ましがこの曲に強く込められているのでしょう。

 

歌詞の意味について

今を急いでいる自分を感じる時。風のない道を歩くと、花びらが舞うのが見えるのです。春をずっと待っていた曲の中の主人公。

太陽が沈んでからも、そして夜の間も。様々な出来事があり経験をしたけれど、どんな時でもずっとそばにいられたので、これもいいかなと思えたのです。これは大切な人の存在、もしくは自分を信じる強い気持ちかもしれません。

春と聞くと、風や桜が舞うイメージがありますよね。それはとても美しくて、今までの辛さや苦しさを吹き飛ばしてくれるようなもの。

季節の中で、春が一番好きだと思う人はとても多いはずです。でも時には辛い春もありますよね。

こういう時には、本当の意味での春ではないのかもしれない…と悩んでしまうものでしょう。でも春を迎えることが、必ずできるのです。

「どんな時も悪くない」そう思いながら春を待つようにしようと、この曲が教えてくれるのでまるで傍にいてくれるように感じます。

一人で待つ春は、とても長くて寂しいものかもしれません。でも一緒に信じて春を待てる相手がいるのなら、きっと春を楽しみにすることができますよね。

そして春を感じながら、相手の存在の大切を再び実感することができるのでしょう。

春一番が迷いや悩みを飛ばしてくれます。わだかまりも、遥か彼方に。春はこのようなパワーを持っていると、曲を聴いてあらためて感じられるでしょう。

 

WANIMAの活動について

WANIMAは、これから先もメッセージ性の強い楽曲を私たちに届けてくれるでしょう。聴いていると、心が温かくなる曲がとても多いです。

この曲も、もちろんそのひとつでしょう。今回は更に彼らが込めた思いが、しっかりと伝わってくる素晴らしい曲になっています。

この曲を聴きながら、本当の意味での春を待ちましょう。信じられるものを信じ続けながら。

関連記事

  1. やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    2021-1-19

    やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    やす子という自衛官芸人をご存知でしょうか。毎年新春の恒例になっているお笑いネタ番組「ぐるナイ・おもし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    2021-1-19

    やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    やす子という自衛官芸人をご存知でしょうか。毎年新春の恒例になっているお笑いネタ番組「ぐるナイ・おもし…
  2. YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    2021-1-18

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味については、小説とどのような関連性があるのか興味深いところです。 …
  3. 岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    2021-1-17

    岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    岡崎百々子の父は、人気芸人として知られています。岡崎百々子をご存知ではないという人も中にはいるかもし…
ページ上部へ戻る