菜々緒の身長は?出身は?カリスマ的なクールビューティーの魅力

菜々緒の身長は?出身は?カリスマ的なクールビューティーの魅力

菜々緒の身長はどれくらいでしょうか。とても身長が高い印象があり、菜々緒のようなスラッとした抜群のスタイルに憧れる人は多いでしょう。

今では、クールビューティーの代表的な存在として人気があります。モデル・女優・タレントとして大活躍ですよね。菜々緒の魅力について掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

 

菜々緒の身長は?

菜々緒の身長は、公式サイトでも公表されているように、172cmです。もっと高いイメージを持っていた人も多いのではないでしょうか。

長く細い手足に小さい顔でスタイルが抜群に良いため、9頭身美女などとも言われています。誰もが憧れるようなモデル体型に加えて、ハイヒールを履いていることが多いので、実際の数字以上に高く見えるのでしょう。

日本人の平均的な成人女性の身長は、160cmよりやや低い158cm前後程度と言われていますので、平均的な身長より約14cmも高いということになります。

1歳上の兄は一般人ですが、菜々緒のSNSやバラエティ番組などで紹介されたことがあり、なんと190cmに近い高身長。兄妹並んだ姿がかっこよくて素敵と話題になりました。両親とも身長が高いのかもしれません。

 

菜々緒が憧れたモデルとは

菜々緒の本名は荒井菜々緒(あらいななお)で、1988年10月28日生まれの32歳(O型)、埼玉県大宮市(現:さいたま市大宮区)の出身です。

中学時代はバレーボール部でした。背の高さを活かして活躍していたのでしょう。高校1年生の時に、「ミスセブンティーン」のモデルオーディションに応募します。

エビちゃんの愛称で人気のあるモデルの蛯原友里に憧れてモデルを目指しましたが、最終選考で合格できませんでした。その後、高校在学中にスカウトされて芸能界入りを果たしますが、大学2年生までは目立った芸能活動はなく、学業を優先。2009年の20歳頃からモデルとして、目覚ましい活躍を見せ始めるのです。

公式サイト:https://talent.platinumproduction.jp/nanao

 

カリスマモデルとして活躍

菜々緒の身長は?出身は?カリスマ的なクールビューティーの魅力

格闘技のラウンドガールやレースクイーンとして、2009年頃から起用され始め、徐々に知られるようになります。ファッション誌「PINKY」のオーディションで準グランプリを獲得し、さらに第7回ミス東京ガールズコレクションにてグランプリに輝き、一気にモデルとしての知名度がアップ。

ファッションモデルとして初の「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。その後、ファッション誌の専属モデルとして、「non-no」や「GINGER」でカリスマ的な人気を得ます。2012年に初開催の「素足ビューティーアワード」も受賞しました。

女優やCMタレントとしても人気

モデルと並行して、2011年頃から女優やタレントとしてもデビューすると、キャラが際立つ類まれなる存在感で人気上昇。仕事のできるクールビューティー役として、カリスマ的なかっこいい系女優としての地位を築きました。CMでも引っ張りだこですね。

2020年10月22日から放送されているドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)でも、かっこいい女性を演じています。

関連記事

  1. 「魔法科高校の優等生」のアニメのストーリーは?前作とここが違う!

    2021-8-5

    「魔法科高校の優等生」のアニメのストーリーは?前作とここが違う!

    「魔法科高校の優等生」のアニメがこの夏から放送されています。内容としてはファンタジー的要素が強いので…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「魔法科高校の優等生」のアニメのストーリーは?前作とここが違う!

    2021-8-5

    「魔法科高校の優等生」のアニメのストーリーは?前作とここが違う!

    「魔法科高校の優等生」のアニメがこの夏から放送されています。内容としてはファンタジー的要素が強いので…
  2. 大島優子の結婚お相手は?9年前から3度の共演で温め育てた想い

    2021-8-4

    大島優子の結婚お相手は?9年前から3度の共演で温め育てた想い

    大島優子の結婚のお相手が気になる人は多いでしょう。電撃発表がおこなわれたのは2021年7月29日。結…
  3. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…
ページ上部へ戻る