石崎ひゅーいのFlowersの歌詞の意味と映画との関係性が気になる!

石崎ひゅーいのFlowersの歌詞の意味と映画との関係性が気になる!

石崎ひゅーいのFlowersの歌詞の意味は、映画の主題歌でもあることから注目していきたいところです。

今回はこの曲にはどのような歌詞の意味があり、そして映画との関係性についても詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

映画について

森山未來、北村匠海、勝地涼が出演する「アンダードッグ」という映画の主題歌が、石崎ひゅーいのFlowersです。

ボクシングのチャンピオンになる可能性があった、でもそこからはずれてしまった今も、リングに上がりボクシングにしがみつく日々を送るボクサー。

でもある時、宿命的な出会いが訪れるのです。若き天才ボクサーと夢をさがす芸人ボクサー。三人三様の理由を持ちながら、男たちは再起をかけてリングに立つのです。

 

歌詞の意味について

道に咲いている花の自分たちに対して、もし聞こえているのなら返事がほしい。街の音にいつしか、なくしそうになる夢を持っているのです。

天井を見ていると、涙が止まらなくなる。風が吹いていても、それはどこに向かっているのかも分からない。

生まれた場所をもし間違えたとしたら、楽になるかもしれない。でもどうしてなのか、生まれた理由がほしいと思っているのです。

それなら、今こそ夜を走りたい。リアルよりもスリルを掴んでいきたい。ちゃんと聞いてほしい、さよならという思いがあるのでしょう。

火花は心にあり、諦めることができないまま残っているのです。焦げてしまった思い出、でもここにはとどまらずに、歩いていこうとしているのでしょう。

壊れたおもちゃかもしれない、笑ってくれてもかまわない。でもとても真剣な戦いをしているのです。

世界の全てが敵、そう感じる夜にありがとうという思いを持っているのです。雨でふやけてしまう真珠、でもこれをばらまいてしまいたい。

いつかそれぞれ違う咲き方をして、誇りを持ちながら散りたい思いがあるのです。これだけを望み、自分にとっては十分なのです。

他に望むことはないと思っているのでしょう。本当の意味で大切にしたいもの。これを分かっているのは、きっと自分自身でしかないのです。

人は皆、花として咲きそして散っていく。でもその咲き方は、人により大きな違いがあるのです。

どう咲けばよいのか、迷う時もあれば道がはっきり見えるような時もある。こういう中で誇れる散り方をしたい、そう思う生き方をしていきたいですね。

 

石崎ひゅーいの世界について

深くそしてとても潔い、映画にとても合う曲だと感じます。リアルよりも、スリルの方を求める時が、きっと人にはあるのでしょう。

そう感じた時が、本当の意味での勝負の時なのかもしれません。

関連記事

  1. 岡田結実がドラマ主演!粋キュンの「江戸モアゼル」花魁役

    2021-1-21

    岡田結実がドラマ主演!粋キュンの「江戸モアゼル」花魁役

    岡田結実がドラマ主演で、粋キュンが止まらないと話題です。日本テレビ系で放送のドラマ「江戸モアゼル〜令…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 岡田結実がドラマ主演!粋キュンの「江戸モアゼル」花魁役

    2021-1-21

    岡田結実がドラマ主演!粋キュンの「江戸モアゼル」花魁役

    岡田結実がドラマ主演で、粋キュンが止まらないと話題です。日本テレビ系で放送のドラマ「江戸モアゼル〜令…
  2. やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    2021-1-19

    やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    やす子という自衛官芸人をご存知でしょうか。毎年新春の恒例になっているお笑いネタ番組「ぐるナイ・おもし…
  3. YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    2021-1-18

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味については、小説とどのような関連性があるのか興味深いところです。 …
ページ上部へ戻る