FEARSの歌詞の意味とは?そして曲の魅力に迫る!

FEARSの歌詞の意味とは?そして曲の魅力に迫る!

FEARSの歌詞の意味については、どのようなものか気になるところ。この曲は「オトナの土ドラ」シリーズの「恐怖新聞」の主題歌用に書き下ろされたものです。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのニューシングルとして、9月30日にリリースされます。今回はFEARSの歌詞の意味、そして曲の魅力について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

MVについて

イントロからスリルのある雰囲気です。MVはとても幻想的でありながら、恐れを感じさせるものに。

色の雰囲気を全体的に暗くしていることから、メンバーのダンスが光るように感じます。どのような世界でもきっと、輝くことができると感じさせてくれるでしょう。

メッセージ性の強い曲なので、MVを観ながら聴くと更に心に入りやすいですね。

 

歌詞の意味について

当たり前と思っていたこと、これが突然消える時もあるのです。でもこの時の気持ちを表現するのは、とても難しいもの。

逢いたいと思う人がいても、逢えない辛い現実もあるでしょう。せっかく出会えて愛についても知り始めていた頃なら、尚更切なくて悲しいですよね。

触れ合いたい大切な人がいるのです。そうしなければぬくもりを感じられない、とても心が痛むのです。

迷いながらもがきながら、それでも大切な人は努力をして必ず日々を生きている、そう信じられるのでしょう。

信じていけば辛い現在に対して、きっと勇気を与えてもらえるはず。いつか光を感じられるでしょう。

無常が突然のように迫ると、誰も想像できなかったのです。幸せだと思っていた日々が、変わっていってしまう不安。

泣くことにより元に戻れるのなら、泣き続けたいと思う気持ちも。不安な夜を過ごしていると、恐怖におぼれてしまいそうになるのです。

とても強く吹く風、この風がやんだ後にはきっとわずかでもいいので、安らぎが訪れることを願っているのでしょう。

嘆きはいつまでも終わらないのです。なぜ自分が生まれたのかについて、自分で自分に聞いてみる時もあるでしょう。

でもこのように考えながら空を見上げると、とても綺麗なのです。だから負けたくないと感じられて、負けないと誓えるのでしょう。

信じ続けていけばきっと宿命と感じるよりも辛い現在でも、勇気をもらえると思えるのです。そして輝きを与えられる日がきっとくるでしょう。

 

現在の辛さはいつまでも続かない!

今とても辛い状況だとしても、これは長く続くことではない。そしてこの悩み苦しんだ時間も、決して無駄なものではないと思える時が来るでしょう。

このような時代だからこそ、心に寄り添ってくれるこの曲はとても心に響きます。皆自分と同じように、不安で苦しいと知ることもできるでしょう。

そしてこれからどのように生きていくべきかを、自問自答しながら考えていくことがきっとできるはずです。

関連記事

  1. やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    2021-1-19

    やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    やす子という自衛官芸人をご存知でしょうか。毎年新春の恒例になっているお笑いネタ番組「ぐるナイ・おもし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    2021-1-19

    やす子の自衛官芸人が新鮮!おもしろ荘で注目のほんわかキャラ

    やす子という自衛官芸人をご存知でしょうか。毎年新春の恒例になっているお笑いネタ番組「ぐるナイ・おもし…
  2. YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    2021-1-18

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味とは?小説内容との関連性

    YOASOBIのハルカの歌詞の意味については、小説とどのような関連性があるのか興味深いところです。 …
  3. 岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    2021-1-17

    岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    岡崎百々子の父は、人気芸人として知られています。岡崎百々子をご存知ではないという人も中にはいるかもし…
ページ上部へ戻る