「どうせ、恋してしまうんだ。」はなかよしで連載中!青春の爽快な気分を味わおう

「どうせ、恋してしまうんだ。」はなかよしで連載中!青春の爽快な気分を味わおう

「どうせ、恋してしまうんだ。」は、なかよしで連載されている少女漫画。青春の爽やかさを描いた作品になっていて、作者は「番犬ヒーロー」「放課後、恋した。」などで一躍話題になった満井春香先生です。

今回は「どうせ、恋してしまうんだ。」のあらすじと、複数の登場人物の魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

「どうせ、恋してしまうんだ。」のあらすじ

水帆(みずほ)は高校二年生。17歳の誕生日は、自分で思うほど最悪な一日だったのです。ずっと憧れていた水泳部の斉藤(さいとう)先輩に告白をするも、返ってきたのは冷たい言葉でした。

インターハイが中止になってしまったということで、落ち込んでいる先輩を励まそうとしたものの、「俺の気持ちなんてわからない」と言い放たれてしまいます。

水帆が悲しい気持ちで家に帰ると、頑張りが報われたような嬉しい出来事も。なんと四人の幼なじみが、盛大にお祝いしてくれました。

さらに幼なじみの一人である輝月(きづき)が、まっすぐな想いを伝えてくれるのです。今までは弟のようにして可愛がってきた存在でしたが、ここから男子として意識し始めるようになります。

自分が経験してきた青春を、主人公はゆっくりと振り返っています。

 

魅力について

2030年、主人公が青春時代を思い返すところからスタートする物語。大人になっても夢を追って、自分だけの可能性を広げていっている水帆ですが、学生時代にはまた違った爽やかさがあったようです。

「どうせ、恋してしまうんだ。」は、水帆と輝月が愛を育んでいくストーリーというのでも、充分な深みがありそうな作品です。

しかし星川周吾(ほしかわしゅうご)、柏木深(かしわぎしん)、和泉藍(いずみあいる)と、複数のカッコいいヒーローが登場することも、驚くべきポイントといえますね。

それぞれキャラクターが大きく違うようで、メインヒーローとなりそうな羽沢輝月(はざわきづき)と張るくらいの魅力もあるのかもしれません。

大人になった主人公の隣には果たして誰がいるのか、感動のラストを見届けたくなるような魅力が、第1巻の時点で感じられることもあるでしょう。

 

改めて自分の学生時代を振り返るチャンス

「どうせ、恋してしまうんだ。」は、なかよしという少女漫画誌の新作ではあるのですが、大人の女性が読む場合も充分に楽しめるのではないでしょうか。

現代らしい美麗な作風ではありながらも、遠近感や線の太さのメリハリがきちんとしているので、全体的にかなり読みやすい仕上がりになっています。現役学生はもちろん、漫画に興味のある社会人もぜひ注目してみてくださいね。

 

公式ページ:http://nakayosi.kodansha.co.jp/manga/210.html

関連記事

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…
  2. 本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    2021-6-14

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が話題になっています。本田翼が制作総指揮やプロデューサーとして手掛けるゲ…
  3. 星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    2021-6-13

    星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    星野源「不思議」の歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあるので内容が気になる人はとても多いは…
ページ上部へ戻る