宅配サービスのブルーエプロンがアメリカで人気の理由

宅配業界がとても熱いアメリカではグラブハブのように、フードデリバリー業者がマクドナルドやピザ屋さんなどから、代わりにテイクアウトしてくれる便利な環境が整っています。

簡単に食事ができる今の時代、手作りにこだわりたいという人も多いもの。そんな人たちから絶賛されている、宅配サービスのブルーエプロンについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ブルーエプロンとはどんなサービスか?

「ミール・キット」と呼ばれる、食材の宅配サービスを行うブルーエプロン。日本にも食材宅配をする会社は、いくつかありますよね。

家庭と仕事を両立する主婦が、料理の手間を省くために利用したり、独身者の食卓を満たしてくれたり。ブルーエプロンは、アメリカの食材宅配サービスの中でも大手で、利用しやすくメニューが豊富です。

まずブルーエプロンのウェブサイトで、宅配してもらうメニューを選択します。家族の人数などを選択して、宅配してもらう回数を週に2回、もしくは3回などとコースを選択します。

配達される食材は、専属のシェフが考案したレシピに基づき、必要な材料や調味料などが全てセット。写真つきのレシピを見て、後は作るだけです。

 

色々なメニュー選択が楽しい!

「夕飯は何にしようかな…」と毎日頭を悩めるのは、主婦だけではありません。

独身者や学生、大家族など。家族構成やライフスタイルに関係なく食生活を豊かにするのは、楽しく生きるためにも重要ですよね。

宅配サービスのブルーエプロンは、豊富なメニューが人気。

定番のお肉メインのシグニチャーコース、ダイエットや健康にこだわるフリースタイル、ベジタリアンコースなどもあります。

勝手に宅配されるのではなく自分でメニューを選べる、オーダー回数も選択できるなど、かなり自由度が高いサービスだといえるでしょう。

 

ブルーエプロンのコストについて

食材宅配は手軽で買い物に行く手間がなく、人数分に合わせて計量された食材が届くので、無駄になることもありません。

気になるお値段ですが、ブルーエプロンは1食あたり10ドル前後。メニューや人数により若干異なるものの、テイクアウトと同じくらいの感覚です。

手作りで10ドルを高いと思うか安いと思うかは、その人のライフスタイル次第でしょう。

食材宅配で時間が節約でき、しかも献立を考えるストレスがなくなるなら、お得なのかもしれません。

 

働く人たちに支持されるブルーエプロン

利用者の多くは仕事をしている人、もしくは子供が小さい人など。

食材宅配サービスは全ての人にメリットがあるとはいえませんが、活用できるならとても楽しい食生活になります。

ブルーエプロンではトライアルもやっているので、最初の8回ほどは1食4ドルくらいでオーダーできるようです。

関連記事

  1. 堤真一の年齢は!主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    2022-1-27

    堤真一の年齢は?主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    堤真一の年齢や経歴などが気になるという人もいるのでは。堤真一が主演を務めるTBS系列の金曜ドラマ「妻…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 堤真一の年齢は!主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    2022-1-27

    堤真一の年齢は?主演の新ドラマ「妻、小学生になる。」が大反響

    堤真一の年齢や経歴などが気になるという人もいるのでは。堤真一が主演を務めるTBS系列の金曜ドラマ「妻…
  2. YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味と舞台との関連性

    2022-1-25

    YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味と舞台との関連性

    YOASOBI「もしも命が描けたら」の歌詞の意味については、舞台のテーマ曲でもあるので理解したい思い…
  3. 岩城滉一が北海道移住計画を始動!人生を謳歌する憧れの存在

    2022-1-23

    岩城滉一が北海道移住計画を始動!人生を謳歌する憧れの存在

    岩城滉一が北海道に移住する計画を発表して、すでに具体化して始動していることが話題になっています。名作…
ページ上部へ戻る