ブラックフライデーとは何の日?お買い物がさく裂するかも?

ブラックフライデーとは何か、街中のセールで買い物をしながらふと疑問に感じたことはありませんか。

安く買い物ができるなら、何の日でも構わないという人も多いでしょう。

これから年末に向けて買い物予定がある人にとって、ブラックフライデーの時期やセール内容はとても気になるところです。

そんなセール好きな人に向けて、ブラックフライデーについてご解説していきますね。

スポンサーリンク

 

ブラックフライデーの始まりについて

ブラックフライデーとは、アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)の翌日にあたる金曜日のことを指します。

感謝祭は11月の第4木曜日になりますので、ブラックフライデーの日は毎年若干異なります。

感謝祭時期になると日本の正月のように実家に帰り、家族皆で過ごすのがアメリカの習慣。七面鳥の丸焼きなど、美味しいお料理でのんびりと収穫を祝う日となっています。

また感謝祭はクリスマスに近いため、ホリデーシーズンの買い物でどこも商戦が激しくなる時期。

そのような背景から、感謝祭の翌日はブラックフライデーと呼び、アメリカではあちこちでセールがあることからブラックフライデーが始まりました。

 

ブラックと呼ばれる理由

ブラックフライデーと聞くと、よからぬことが起こりそうな印象を受ける人もいるでしょう。

なぜレッドやゴールドでなくブラックフライデーなのかというと、このセールで各お店の売り上げが飛び跳ね、黒字会計になることから「ブラック」と名前がついたといわれています。

日本で例えると、新年の初売りや年末ボーナスセールのようなもの。アパレルや家電、車や食品など、あらゆるものがブラックフライデーで格安に販売されています。

クリスマス近くになると、大量のプレゼントを買うアメリカ国民。ブラックフライデーまで待ち、安く買い物代を節約する人が多く存在します。

 

サイバーマンデーでさらに最後の買い物!

ブラックフライデーでは買い足りない人には、翌週の月曜日にやってくる「サイバーマンデー」と呼ばれるセールも、アメリカでは注目されています。

サイバーマンデーはオンラインショッピングがメインなので、店頭の長い行列に並ぶ必要はありません。お店がオープンした当時、流れるように入店するお客さんたち。

商品の取り合いは、毎年ブラックフライデー恒例の風景です。

最近では金曜日でなく、前日の感謝祭の夕方からセールを開始するお店も多く、のんびりと家族で食事する間もなくセール会場へ向かっていく人が増えています。

 

12兆円近い購買が期待されるブラックフライデー

感謝祭とブラックフライデーを合わせると、アメリカでは日本円で12兆円ほどの売り上げがあり、お店にとってはかなり力が入るセールです。

日本でももっと目玉商品を増やして、ブラックフライデーを盛り上げてほしいですね。

関連記事

  1. 風間俊介の年齢は?俳優とバラエティの2本柱で活躍する実力派

    2021-9-19

    風間俊介の年齢は?俳優とバラエティの2本柱で活躍する実力派

    風間俊介の年齢が気になるという人もいるのでは。童顔系の可愛さのあるイケメンタレントです。アイドル系の…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 風間俊介の年齢は?俳優とバラエティの2本柱で活躍する実力派

    2021-9-19

    風間俊介の年齢は?俳優とバラエティの2本柱で活躍する実力派

    風間俊介の年齢が気になるという人もいるのでは。童顔系の可愛さのあるイケメンタレントです。アイドル系の…
  2. YOASOBIの「ラブレター」の歌詞の意味と小説との関連性について

    2021-9-18

    YOASOBIの「ラブレター」の歌詞の意味と小説との関連性について

    YOASOBI「ラブレター」の歌詞の意味と、小説との関連性については深く知っておきたい人が多いですよ…
  3. もちまるのYouTubeがギネス世界一認定!癒されると話題のネコ

    2021-9-17

    もちまるのYouTubeがギネス世界一認定!癒されると話題のネコ

    もちまるのYouTubeが、「最も視聴されたネコ」としてギネス世界一に認定されて話題になっています。…
ページ上部へ戻る