アメリカのバレンタインデー習慣・日本とは違うところについて

アメリカのバレンタインデー習慣は、日本と若干違うところがあります。

恋人たちの甘い一日として知られていますが、国が変わればイベント時期の過ごし方も色々と違うようです。

二月といえば日本では、まず節分がやってきます。街中ではあちこちでチョコレートやハート型のグッズをよく見かけるようになりますが、本場アメリカのバレンタインデー習慣はどのような特徴があるのか、気になる違いについてご説明していきましょう。

スポンサーリンク

 

アメリカのバレンタインデーは男性から女性に贈る?

バレンタインデーは愛を誓う日々として、カップルや夫婦などの大切なイベントになっていますよね。

そもそもの始まりはローマ帝国時代まで遡り、殉教したセント・バレンティヌスに由来する記念日だったといわれています。

昔ローマではバレンタインデーの日に、桶の中に入っている女性の名前が書かれた紙を男性が引き、パートナーとしてお祭りを過ごすのが習慣になっていたようです。

「お祭りの後に、男女が恋に落ちて結婚に至る」というようなハッピーエンドは、バレンタインデーの甘い意味となっているのでしょう。

日本では職場の女性社員が、男性社員に義理チョコを渡すのが毎年恒例。女性が好きな男性に愛を告白する日にもなっていますが、アメリカでは男性から女性にチョコレートを贈るのが一般的です。

 

バレンタインデーの過ごし方の違い

日本のバレンタインデーは女性が大忙しになりますが、アメリカでは女性はお姫さまのように大切に扱われます。バレンタインデーは、恋人や夫婦のためのもの。

友人同士でチョコレートを交換したり、会社の上司に義理チョコを配ったりすることはありません。逆にそんなことをしたら、愛の告白をしているのかと思われてしまうでしょう。

当日はレストランのバレンタインデースペシャルメニューを注文し、ワインで乾杯。

また二人で旅行をしたり、デートスポットにお出かけしたり、バレンタインデーに彼氏が彼女にプロポーズする場合もあるでしょう。

 

ホワイトデーはアメリカではナシ

女性にお返しのプレゼントを贈るホワイトデーは、アメリカには存在しません。

バレンタインデーは愛する人と過ごす大切な日なので、借りを作ったような気持ちになることはないのでしょう。

ジュエリーが飛ぶように売れる、アメリカのバレンタインデー。手作りのチョコレートを頑張って作る日本人女性にとっては、羨ましいかもしれません。

 

女性が主役のアメリカのバレンタインデー習慣

日本にもアメリカのバレンタインデー習慣が少しでも普及すると、女性の負担は軽減されると考えられるでしょう。

チョコレート売り場に行くと、プレッシャーを感じてしまう二月。今年は何個用意すればよいのか、頭を悩めている人は多いでしょう。

関連記事

  1. 岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    2021-1-17

    岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    岡崎百々子の父は、人気芸人として知られています。岡崎百々子をご存知ではないという人も中にはいるかもし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    2021-1-17

    岡崎百々子の父は人気芸人!紅白ではアベンジャーズとして登場

    岡崎百々子の父は、人気芸人として知られています。岡崎百々子をご存知ではないという人も中にはいるかもし…
  2. 「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の最新刊はどんな内容?あらすじもご紹介

    2021-1-16

    「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の最新刊はどんな内容?あらすじもご紹介

    「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の最新刊は、どのような内容に仕上がっているのでしょうか。タイトルを聞…
  3. 清野菜名の夫はジャニーズ!たぐいまれな才能が際立つ美人女優

    2021-1-15

    清野菜名の夫はジャニーズ!たぐいまれな才能が際立つ美人女優

    清野菜名の夫は、ジャニーズに所属するタレントです。2020年6月の入籍発表は、とても話題になりました…
ページ上部へ戻る