小山薫堂はくまモンの生みの親!伝説の番組も生んだマルチな才能

小山薫堂はくまモンの生みの親!伝説の番組も生んだマルチな才能

小山薫堂はくまモンの生みの親として有名です。現在はいろいろな分野で活躍をしていますが、放送作家からスタートしました。

「料理の鉄人」「進め!電波少年」「とんねるずのハンマープライス」「パパパパPUFFY」「世界遺産」「ZIP!」など、数々の伝説的な番組の企画や構成を手掛けた凄い人なのです。

小山薫堂について紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

 

小山薫堂のプロフィール

1964年6月23日生まれ。熊本県の天草市(旧:本渡市)出身です。日本大学芸術学部の1年生の時に先輩の紹介で、ラジオの文化放送でのアルバイトが放送作家になったきっかけでした。

ラジオで吉田照美の番組に携わり、その後大学4年の時に、吉田照美が司会の「11PM」がテレビの放送作家デビューとなりました。

小山薫堂には別名があります。「うどん熊奴」(うどんくまやっこ)です。「こやまくんどう」をさかさま読みしたユニークな別名は、「料理の鉄人」を手掛けた時に裏番組で「進め!電波少年」に携わっていたため使うようになったのです。

当時「料理の鉄人」のテロップを見ていて、ユニークな名前と思った謎が解けたという人もいるのではないでしょうか。現在は、オレンジ・アンド・パートナーズやN35°の代表として、新たな挑戦を続けています。

その仕事は、「新しいか?楽しいか?誰かを幸せにするか?」を常に考える小山薫堂だからこそなのです。

オレンジ・アンド・パートナーズ公式サイト:https://www.orange-p.co.jp/

N35°公式サイト:https://www.n35.co.jp/

 

マルチな活躍は大学教授から老舗料亭の主人までも

放送作家以外にも、活躍の場をたくさん広げています。映画やドラマの脚本家としても活躍し、映画「おくりびと」では数々の賞を受賞しました。

作詞家としては嵐の「ふるさと」が有名で、NHK紅白歌合戦での合唱曲や合唱コンクールの課題曲になるなど。他にも書籍の執筆やラジオのパーソナリティと、多彩な才能には驚きです。

東北芸術工科大学の教授を務めた後、現在は京都芸術大学(旧:京都造形芸術大学)の教授で副学長として、学生と企業のコラボなど新しいものを生み出す源になっています。

また京都館の館長を始め、政府や自治体・企業のアドバイザーやプロデューサー、さらには京都の老舗料亭「下鴨茶寮」の主人(社長)など、その肩書きは幾多にも及んでいるのです。

入浴に関する湯の道を世界に広める「湯道」の提唱者でもあります。湯道にまつわる映画など、今後の企画が楽しみです。

 

くまモンの誕生

小山薫堂と言えば「くまモン」です。2011年の九州新幹線全線開業に伴い、熊本県のPRキャンペーン「くまもとサプライズ!」を提案した小山薫堂。

薫堂からロゴマークを依頼された水野学が、デザインのオマケに提案したキャラクターが「くまモン」でした。

くまモンをデザインしたのは水野学で、プロデュースしたのが小山薫堂なのです。2010年3月にくまモンが誕生して今年10周年、大人気のくまモンは小山薫堂も驚くほどの活躍を続けています。

関連記事

  1. コブクロの「灯ル祈リ」の歌詞の意味と曲の内容について

    2020-10-31

    コブクロの「灯ル祈リ」の歌詞の意味と曲の内容について

    コブクロの「灯ル祈リ」は、32枚目のシングルとして発売されました。この曲はドラマの主題歌としても使わ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. コブクロの「灯ル祈リ」の歌詞の意味と曲の内容について

    2020-10-31

    コブクロの「灯ル祈リ」の歌詞の意味と曲の内容について

    コブクロの「灯ル祈リ」は、32枚目のシングルとして発売されました。この曲はドラマの主題歌としても使わ…
  2. 坂本勇人が2,000本安打偉業へカウントダウン!坂本と同じ88年は黄金世代

    2020-10-30

    坂本勇人が2,000本安打偉業へカウントダウン!坂本と同じ88年は黄金世代

    坂本勇人選手が2000本安打達成まで、残りあと僅かに迫りました。投手は通算200勝(または250セー…
  3. 田中圭の妻は女優?超秀才だった少年時代から俳優の道に進んだきっかけは

    2020-10-29

    田中圭の妻は女優?超秀才だった少年時代から俳優の道に進んだきっかけは

    田中圭の妻は女優なのか、どんな人なのか気になりますよね。田中圭はこれまでも数多くの作品に出演していま…
ページ上部へ戻る