YOASOBIの優しい彗星の歌詞の意味とアニメとの関連性

YOASOBIの優しい彗星の歌詞の意味

YOASOBIの優しい彗星の歌詞の意味は、テレビアニメにも起用されていることから、アニメとの関連性を知りたいと思う人は多いはず。

今回はこの曲の歌詞の意味、そしてアニメとの関係についても詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

アニメについて

YOASOBIの彗星がエンディングテーマとして使われているのは「BEASTARS」第2期です。

オープニングテーマの「怪物」は、既にアニメの中でもオンエアされているため、オープニングとエンディングの両方をYOASOBIが務めることになりました。

優しい彗星はオープニングテーマと同じように、原作者の板垣巴留による完全書き下ろし小説「獅子座流星群のままに」を原作にしています。

ストレートなメッセージが心を打つ、バラードソングに仕上がっているのです。

 

歌詞の意味について

夜にどこに行こうと決めたわけでもなく、ただ車を走らせてみた曲の中の主人公。そんな時に隣の大切な存在の横顔を、月が優しく照らすのです。

思い出を探したり辿ったりしながら、言葉をつなぐようにしていると、自分でも驚くほどの歴史や過去が思い出されるのです。

大切な存在の近くにいようと決めた時から、世界が変わってきていると感じるのでしょう。強くいなければいけない、弱さについては隠していたい。

でもこれは演じていた自分だと、既に分かっていたのです。突然出会えた眼差し。それが今までの自分が知らなかったことを教えてくれました。

守りたいものがあれば、強くなれると知ったのです。今までに自分の中で眠っていた強さについて、知ることができたのでしょう。

暗い闇の中で大切な存在と会い、同じ時間を共有してきたのです。今までになかったような日々。これは居心地のよさや喜びを感じて、嬉しいと思えるもの。

このおかげで自分は支えられて、救われたように感じるのです。大切な存在に対して、感謝したい思いがあるのでしょう。

美しい光、でもそれは涙だったのです。器用に生きることはできない、だから涙を流す時もあるのでしょう。でもこれはとても綺麗で尊いものなのです。

愛しく感じる存在、本当に重要なのは姿や形ではない。ここで別れが訪れてしまうのです。

祈ることも願うことも、全て届かずに消えてしまったのです。暗い闇の中、ただ握りしめるしかなかった思い、そして大切な人の存在を見つめているのでしょう。

 

アニメをイメージさせてくれる曲

穏やかで美しいバラード曲です。この中で幸せを感じている曲の中の主人公。でもその幸せは長くは続かなかったのでしょう。

ここにアニメとの関連性を感じるのです。切なくそして寂しさを感じる曲でもあるのですが、この表現力はとても素晴らしいものですね。

関連記事

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…
  2. 本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    2021-6-14

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が話題になっています。本田翼が制作総指揮やプロデューサーとして手掛けるゲ…
  3. 星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    2021-6-13

    星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    星野源「不思議」の歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあるので内容が気になる人はとても多いは…
ページ上部へ戻る