ラーメン女子博が大阪で開催! 女性好みの人気ラーメンが集結

ラーメン女子博が大阪で開催! 女性好みの人気ラーメンが集結

今や国民食を飛び越えて、世界的にも人気食となった日本のラーメン。一口にラーメンと言ってもとても奥深く、個性豊かな様々なラーメンを味わえる名店が全国にたくさんあります。

ラーメン好きの女性も増えていて、ラーメン女子をメインターゲットにしたイベント、ラーメン女子博が開催されます。

スポンサーリンク

 

ラーメン女子博 in大阪 2019

ラーメン女子博が大阪で開催! 女性好みの人気ラーメンが集結

 

公式サイト http://www.ramengirls-fes.com/

大好評のラーメン女子博が、今年も大阪の長居公園で10月3日から開催されます。ラーメン女子のための、選りすぐりのラーメン20店が全国各地から集結します。

このイベントだけの限定オリジナルメニュー、ラーメン女子が納得するバリエーション豊富な美味しいラーメンに、どのラーメンを食べようか迷ってしまうかも。

ラーメン女子博は、1部と2部を合わせて11日間開催されます。近くに住んでいる人は、きっと何度でも来場したいと思うでしょう。

ラーメン女子博という名称ですが、男性でも入場できますのでご安心ください。

 

料金など

会場の入場料は無料です。

ラーメン1杯900円(税込)、全店共通です。

各店にて別料金のトッピングもあります。

通常サイズのみの販売で、ミニラーメン等はありません。取り分け用のどんぶりがありますので、分けて頂くことはできます。

 

電子マネー「iD」のご利用がとても便利です。

会場内チケットステーションでチケット購入の行列に並ぶ必要がなく、各ラーメン店舗では優先的に購入可能なファストレーンが使えるのです。(電子マネー「iD」を使用しない場合は、ファストチケット購入には1回500円必要です。)

 

開催期間・時間

1部 2019年10月3日(木)~10月8日(火)

2部 2019年10月10日(木)~10月14日(月・祝)

10月9日(水)は店舗の入れ替えのためお休みです。

 

平日:11:00〜22:00、土日祝:10:00〜22:00

(ラストオーダーは21:30です)

 

会場:長居公園 自由広場

(大阪市東住吉区長居公園1−1)

 

アクセス:

大阪メトロ御堂筋線 長居駅下車(3番出口すぐ)

JR阪和線 長居駅下車(徒歩5分)

JR阪和線 鶴ヶ丘駅下車(徒歩5分)

 

 

グルメ女子博も同会場で同時開催

ラーメン以外もがっつりと食べたいという人や、デザートも食べたいという人もご安心ください。グルメ女子博も、同会場で同時に開催されます。

 

餃子好きやお肉好きの人は、餃子や鶏の唐揚げ・牛肉串焼きなどで舌鼓を打つこともできます。デザートには、プリンやジェラート、クレープやかき氷などのスイーツでほっこりとした時間を楽しむこともできます。

 

秋の心地よい日差しと風の中、ラーメン女子博・グルメ女子博に足を運んでみませんか。女子会を企画して、デートの場所として、家族サービスでご家族そろってなど、おすすめのイベントです。男性もラーメン女子博で、素敵な出会いが期待できるかもしれませんね。

関連記事

  1. 「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味と曲の素晴らしさについて

    2020-10-20

    「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味と曲の素晴らしさについて

    「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味については、MISIAの4年ぶりの配信シングルということも…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味と曲の素晴らしさについて

    2020-10-20

    「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味と曲の素晴らしさについて

    「君の背中にはいつも愛がある」の歌詞の意味については、MISIAの4年ぶりの配信シングルということも…
  2. 机上の空論城の視聴率は高いの?かまいたちと凪咲ちゃんの魅力がマッチした番組

    2020-10-19

    机上の空論城の視聴率は高いの?かまいたちと凪咲ちゃんの魅力がマッチした番組

    机上の空論城の視聴率は高いのでしょうか。正式な番組名には、かまいたちの冠がついています。かまいたちフ…
  3. パレットは斉藤壮馬の第3弾デジタルシングル!歌詞の意味とは?

    2020-10-18

    パレットは斉藤壮馬の第3弾デジタルシングル!歌詞の意味とは?

    「パレット」は斉藤壮馬にとって、デジタルシングル3弾目の曲です。どのような曲なのか、第1弾、第2弾と…
ページ上部へ戻る