プロ野球のFA取得選手に大注目!2020年は熾烈な争奪戦が始まる

プロ野球のFA取得選手に大注目!2020年は熾烈な争奪戦が始まる

プロ野球のFA取得選手、2020年は大注目の選手が目白押しです。ドラフト会議が終わり来年の新戦力が見え始め、シーズンも終盤です。

来年の戦力として影響が大きいFA取得選手が、残留するのかFA権を行使するのか、とても気になりますよね。注目される2020年のFA取得選手について紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

FA制度について

FA(フリーエージェント)制度は、1993年のシーズン終了後に日本では初めて採用され、落合博満(中日→巨人)、駒田徳広(巨人→横浜)が印象的でした。

制度の内容は改変されてきましたが、選手の権利として移籍が認められるので、これまでも大きなドラマを作り、プロ野球を活性化していると言えるでしょう。

現在の制度は、1軍登録が145日以上の条件を高卒の場合8年、大卒や社会人出身の場合7年で、国内移籍FA権を取得できます。海外移籍のFA権は、全選手9年の1軍登録が条件です。

公式サイト:https://npb.jp/announcement/2019/fa_about.html

 

2020年のFA取得の注目選手

トレード以外で選手が移籍するFA制度は、獲得を表明する球団との条件が合えば、選手の意志で移籍できます。主力として活躍する選手の移籍もあり、毎年注目されますが、2020年は特に注目する選手が多いのが特徴です。

 

大野雄大(中日:投手・左投左打・32歳)

京都外大西高・佛教大出身で、2010年のドラフト1位。中日のエースピッチャーで完投能力が高い左腕は、今シーズン絶好調で沢村賞も手が届きそうな安定感があります。

エース級の左腕をどの球団もほしいので、FA権行使を表明するのが残留するのか大注目の選手です。

山田哲人(ヤクルト:内野手・右投右打・28歳)

履正社高出身の2010年ドラフト1位で、2014年から大ブレイクした俊足強打の2塁手。過去1人しか達成していないトリプルスリー(本塁打30本・打率3割・盗塁30以上)を、唯一3回も成し遂げた選手です。

年俸が高いことがネックになるかもしれませんが、FA権を行使すると、ソフトバンクや楽天などが獲得を表明する可能性があるでしょう。

 

西川遥輝(日本ハム:外野手・右投左打・28歳)

智弁和歌山高出身の2010年ドラフト2位。盗塁王を3回も獲得しているスピードが最大の武器です。海外移籍をポスティングシステムで希望するのか、FA権を行使するのかが注目されます。

 

小川泰弘(ヤクルト:投手・右投右打・30歳)

愛知成章高・創価大出身で2012年のドラフト2位。和製ライアン、ライアン小川などと呼ばれる豪快なフォームが特徴です。今年8月にはノーヒットノーランを達成し、存在感を増しています。

 

田中広輔(広島:内野手・右投左打・31歳)

東海大相模高・東海大・JR東日本出身で2013年のドラフト3位。菊池選手と共に内野の要として、広島を支え続けてきた守備の名手です。

 

梶谷隆幸(DeNA:外野手・右投左打・32歳)

島根開星高出身の2006年高校生ドラフト3位。今シーズンは首位打者争いをする活躍で、シュアな打撃が魅力です。

 

他にも、西武の増田達至やロッテの松永昂大など、注目選手が盛り沢山でFA権行使の行方が楽しみですね。

関連記事

  1. 博多の鍋をお取り寄せ!水炊きやもつ鍋の本場名店の味をご自宅で

    2021-12-1

    博多の鍋をお取り寄せ!水炊きやもつ鍋の本場名店の味をご自宅で

    博多の鍋料理をお取り寄せして、ご自宅で本場の味を堪能してみませんか。福岡・博多には美味しい名物がたく…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 博多の鍋をお取り寄せ!水炊きやもつ鍋の本場名店の味をご自宅で

    2021-12-1

    博多の鍋をお取り寄せ!水炊きやもつ鍋の本場名店の味をご自宅で

    博多の鍋料理をお取り寄せして、ご自宅で本場の味を堪能してみませんか。福岡・博多には美味しい名物がたく…
  2. 井之脇海が映画初主演!「ミュジコフィリア」で京都と音楽を堪能

    2021-11-30

    井之脇海が映画初主演!「ミュジコフィリア」で京都と音楽を堪能

    井之脇海が映画初主演を務める作品「ミュジコフィリア」が、2021年11月から公開されて好評です。若手…
  3. yama「Oz.」の歌詞の意味とアニメとの関連性について

    2021-11-29

    yama「Oz.」の歌詞の意味とアニメとの関連性について

    yama「Oz.」の歌詞の意味については、アニメのエンディング曲として使われていることもあるので内容…
ページ上部へ戻る