大島優子の結婚お相手は?9年前から3度の共演で温め育てた想い

大島優子の結婚お相手は?9年前から3度の共演で温め育てた想い

大島優子の結婚のお相手が気になる人は多いでしょう。電撃発表がおこなわれたのは2021年7月29日。結婚する運びとなったことを公式に発表、驚きの声と同時に、祝福の声が各方面から発信されています。大島優子と結婚のお相手について紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

大島優子の結婚のお相手は

大島優子は現在女優として活躍していますが、国民的なアイドルだったことは多くの方がご存じでしょう。

2014年に惜しまれてAKB48を卒業するまで、主要メンバーとしてセンターを務めるなど活躍。AKB総選挙で1位を2回、2位を3回獲得するなど、絶大な人気を誇りました。弾けるような笑顔がとても印象的で素敵な女性です。

その元トップアイドルの心を射止めて結婚の発表をしたのは、2歳年下の実力派俳優・林遣都です。

 

ふたりの出会いは?

共演した作品で最初に出会ったのは約9年前、2012年に公開された映画「闇金ウシジマくん」でした。当時、大島優子はアイドル真っ只中で、AKB48のライブを林遣都が観に行くなど、友人でありファンの一人でもあったようです。

2度目の共演は、2019年秋からのNHK連続テレビ小説「スカーレット」で、ヒロインの幼馴染み役をともに演じました。さらに、2020年1月のスペシャルドラマ「教場」で3度目の共演をしています。この3回の共演をきっかけにして、次第にふたりの距離が縮まったのでしょう。

 

林遣都の経歴について

林遣都は、1990年12月6日生まれの30歳(2021年8月現在)、滋賀県の出身です。中学3年生の修学旅行中、女子生徒の要望で渋谷に行き、駅のホームでスカウトされたことが芸能界入りのきっかけです。2007年に公開の映画「バッテリー」で、いきなり主演デビューをしました。

2009年に高校卒業後上京すると、俳優業に専念し、数々の映画やドラマで活躍しています。2018年の「おっさんずラブ」や、2021年の「ドラゴン桜」など、話題のドラマでも好演しました。

林遣都公式サイト:https://www.stardust.co.jp/section3/profile/hayashikento.html

大島優子公式サイト:https://www.ohtapro.co.jp/talent/oshimayuko.html

 

大島優子の経歴について

大島優子は、1988年10月17日生まれの32歳(2021年8月現在)、栃木県の出身です。

1996年の7歳から子役として芸能活動を開始しています。2006に17歳でAKB48の2期生として加入。2010年に総選挙で1位となり、「ヘビーローテーション」で初のセンターを務め、不動のエースとなりました。

2014年に25歳でAKB48を卒業し、女優をメインに活動しています。2017年から1年間アメリカに語学留学していました。母がハーフでルーツがアメリカにもあることも関係しているのかもしれません。

ふたりの活躍が楽しみ

林遣都主演の映画「犬部!」が、2021年7月22日に公開されています。大島優子は8月13日に公開予定の映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」で、雪女役で出演しています。

明るくしっかり者の姉さん女房で、お似合いのカップルですね。ふたりの活躍がこれから一層楽しみです。

関連記事

  1. 「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    2022-7-2

    「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    「午前0時の森」の出演者が気になるという人もいるのでは。たまたま番組を数回見た人は、MCが変更になっ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    2022-7-2

    「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    「午前0時の森」の出演者が気になるという人もいるのでは。たまたま番組を数回見た人は、MCが変更になっ…
  2. オードリーの冠番組は?多くのレギュラー番組を担う人気コンビ

    2022-7-1

    オードリーの冠番組は?多くのレギュラー番組を担う人気コンビ

    オードリーは冠番組やレギュラー番組をいくつも任され、10年以上安定した活躍を続けている人気お笑いコン…
  3. アルコ&ピースの由来は?大物感漂う平子!大ブレイクの兆しも

    2022-6-30

    アルコ&ピースの由来は?大物感漂う平子!大ブレイクの兆しも

    アルコ&ピースの由来が気になる人もいるのでは。「アルピー」の愛称で親しまれ、ラジオのパーソナリティと…
ページ上部へ戻る