UGGブーツが高くても売れるわけ・ムートンの魅力を徹底解説

UGG(アグ)ブーツは、クリスマスプレゼントにもらいたいアイテムのひとつ。彼氏が奮発してボーナスで買ってくれないかと、毎年心待ちにしている女性も多いでしょう。

普通のブーツよりも値段が高いUGGのブーツ。それでも飛ぶように売れるのはなぜか、魅力や特徴について徹底解説していきますね。

スポンサーリンク

 

UGGブーツの特徴について

UGGブーツが誕生したのは1978年。

アメリカ西海外の若いサーファーが立ち上げたブランドです。彼は素材のシープスキンにとてもこだわりがあり、世界中の人といつか魅力をシェアしたい思いでUGGブーツが誕生しました。

80年代になると南カルフォルニアではファッションカルチャーとして、ビーチ沿いにあるサーフショップでUGGブーツが注目を集めるように。

2000年初頭にはニューヨークのファッション業界で、旋風を巻き起こすほどの人気ブーツへとシフトしていきます。ブーツなら絶対にUGGがよいと、こだわりを持つ人が多い今の時代。

大人気のUGGは世界最高基準のクラフトマンシップが、上質なブーツの魅力となっているでしょう。

 

Aランクの素材を使うブーツ

素材となるシープスキンは数多い中でも、Aランクだけを厳選して使用しています。

そのため柔軟性があり高級感がある魅力は、値段が高くても支持される理由です。

でもブーツは足が蒸れるので、いきなり靴を脱ぐ場面で躊躇してしまうケースがありますよね。UGGブーツを履いていれば抜群の通気性を実感でき、一般的なレザーブーツのような蒸れがないのです。

また温度調整の機能があるため、真冬だけでなく春先や秋でも、快適に履ける心地よさが魅力だといえるでしょう。

一度UGGブーツを履くと、他のブーツに満足できなくなるともいわれています。

 

色々なブランドがあるUGG

スタンダードなブラウンや黒、グレー以外にもピンクやブルーなど、カラフルなデザインも人気のUGG。UGGのロゴを見ると「AUSTRALIA」と、ブランド名についているものがあります。

昔からオーストラリアにあったアグブーツを、カリフォルニアから発信したブランドのUGG。

他にもEMUやORIGINAL UGG BOOTSなど、それぞれがこだわりを持ったブランドもあります。

 

どのブーツにするか好みで選ぼう

アメリカのブランドやオーストラリアのブランドなど、世の中にはあらゆるものが流通しています。

しかしどれを選ぶにしても、あまりにも安い商品は購入しないようご注意ください。

正規品はスリッパでも1万円以上する高価な商品が多く、UGGでは手袋やニット帽などのアクセサリー関係も人気があります。

予算に合わせてどのタイプがよいか、履き心地を重視して選んでくださいね。

 

ムートンブーツで足元がほかほか!

冬は寒い屋外に出るのが億劫になりますが、UGGのブーツがあれば足元がオシャレでしかもぽかぽかして、全身を温めてくれるでしょう。

自分へのご褒美として、素敵な1足を購入するのもよいといえるのです。

関連記事

話題をチェック!

  1. Mrs. GREEN APPLE「Soranji」の歌詞の意味と映画との関連性について

    2022-12-6

    Mrs. GREEN APPLE「Soranji」の歌詞の意味と映画との関連性について

    Mrs. GREEN APPLE「Soranji」の歌詞の意味については、映画の主題歌として書き下ろ…
  2. Da-iCE「スターマイン」の歌詞の意味とロングヒットを続けている理由

    2022-12-3

    Da-iCE「スターマイン」の歌詞の意味とロングヒットを続けている理由

    Da-iCE「スターマイン」の歌詞の意味については、2022年8月にリリースされた曲にも関わらず現在…
  3. DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2022-11-29

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

    DISH//「五明後日」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため詳しく知っておきたい人も多…
ページ上部へ戻る