露の団姫は落語家と僧侶の2足のわらじ!夫はクリスチャン

露の団姫は落語家と僧侶の2足のわらじ!夫はクリスチャン

露の団姫という、落語家であり僧侶でもある女性をご存知でしょうか。落語好きの人にとっては、とても有名でよく知られている存在でしょう。

また僧侶としてもテレビ番組「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日)に出演していたこともあり、思い出したという人もいるのではないでしょうか。

2足のわらじを履き活躍する、露の団姫(つゆのまるこ)を紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

 

プロフィール

露の団姫(つゆのまるこ)は、1986年10月17日生まれの33歳。静岡県出身で愛知県育ちです。現在は兵庫県尼崎市を拠点にして活動する落語家であり、天台宗の僧侶です。

法名は春香(しゅんこう)といい、本名は鳴海春香。鳴海ハトルから出家して改名しました。「落語家としてはプロなのだが、お坊さんとしてはアマ(尼)」というフレーズで、最初の笑いを取るのがお決まり。古典落語以外にも、仏教落語を得意としています。

3歳の時に死後の世界に興味を持ち始め、中学生から様々な宗教に関する本を読み勉強するようになります。高校生の時に生きることに思い悩んだ時に、お釈迦様の教えや法華経に救われました。

子供の頃は劇団ひまわりに所属し、高校時代には吉本興業の名古屋NSCでも学びます。

公式サイト:http://www.tuyunomaruko.com/

 

落語家と僧侶

両親の影響から落語好きであり落語家になるか、僧侶(尼)になるかで高校を卒業する時に迷うも、落語家として修業後、将来的に僧侶への道も可能であると考えました。

落語家・噺家の始まりとされ、僧侶でもあった「初代露の五郎兵衛」の流れの一門「露の団四郎」に2005年3月に入門。顔が丸いことから団姫(まるこ)と命名されます。

落語の起源が仏教のお説教にあり、実は落語と仏教は深い関わりがあるのです。3年間内弟子として住み込みで厳しい修業を終え、落語家として独り立ちした頃2011年に結婚、同年に「繁昌亭輝き賞(新人賞)」を最年少25歳で受賞しました。

結婚し、落語家としても活躍し始めた中、出家して比叡山で修業の道を選んだのです。行動力と意志の強さに驚いた人は多いでしょう。

 

自身のお寺を開山するために奔走

読売テレビの「かんさい情報ネットten.」にて、露の団姫が2020年2月24日に紹介されました。ちょっと気になる話題の人物に密着する、ノゾキミというコーナーで「落語家であり僧侶・二足のわらじを履く女性の日々」と題して放送。

自身のお寺「道心寺」を開山するために、奔走する姿が紹介されました。元割烹料亭を改装して寺院にする予定で、同時に寄席もできる舞台も作ります。悩み苦しむ人が気軽に来て、救われる場所にしたいという志しです。

夫はクリスチャン

夫は演芸場で知り合った太神楽曲芸師の「豊来家大治朗」。キリスト教徒のクリスチャンなのです。既成概念にこだわらず、明るく元気に突き進む姿がとても印象的な露の団姫。

「職業は落語家、生き方は僧侶」を実践し、多くの人を救いたいという素晴らしい女性です。

関連記事

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…
  2. 「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2021-8-2

    「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    family「セカオワ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあることから興味深いと思う人は多い…
  3. 河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    2021-7-31

    河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    河合郁人がものまねで人気が急上昇しています。ジャニーズの5人組アイドル「A.B.C-Z」のメンバーと…
ページ上部へ戻る