スティーブ・アオキはクラブシーンの王様!アメリカで活躍する日本人

スティーブ・アオキという名前は、日本以上にアメリカで聞かれる場面が多いかもしれません。

アメリカで有名なDJで、プロデュースや自身のアルバムなども発表しています。近年海外で活躍する日本人が増えていますが、今回は音楽ジャンルで注目のスティーブ・アオキについて魅力をご解説していきましょう。

スポンサーリンク

生い立ちについて

「アオキ」という名前を聞いて、ピンとくる人もいるかもしれません。

スティーブ・アオキはアメリカで成功した実業家で、ロッキー青木の息子さん。

ロッキー青木といえば西海岸をはじめ、セレブにも人気の日本料理店「ベニハナ」のオーナーです。そんな有名人の父と母ちづるさんの間に、1977年11月に誕生しました。

さらにアオキといえば、もうひとりアメリカで活躍している人がいますよね。ファッションモデル、女優として知られているデヴォン青木は、スティーブと異母兄弟にあたります。

デビュー映画のシン・シティでは、素晴らしい刀さばきが注目されました。スティーブはマイアミ出身、カリフォルニア大学で社会学を学び1996年にデビュー。学生時代は、新左翼の学生運動に参加した時期もあったようです。

 

音楽活動について

スティーブは、現在年間300ほどのライブをこなす人気者DJ。自身のスタジオアルバムはデビュー作品の「ワンダーランド」が、グラミー賞最優秀ダンス・エレクトロニカアルバム賞の候補にもなっています。

黒髪のロングヘアという個性的なルックス。親日家で、日本に訪れることもよくあります。日本のラーメンが大好きで、ヘルシーな食生活にこだわりながらも、来日した時はラーメン店へ直行するようです。

パーティシーンを盛り上げるには、スティーブの存在が欠かせないほど大切。アメリカでは音楽チャンネルのMTVに出演する時も多く、とても人気がある有名人なのです。

 

アオキ・ジャンプについて

ステージの上で手を広げてジャンプする「アオキ・ジャンプ」は、ライブが最高潮に盛り上がった時に見られるもの。

またケーキを観客に投げるパフォーマンスなど、独自の刺激的な演出が話題になっています。
「嫌なことは音楽で忘れよう」という気持ちを大切にする、スティーブ・アオキ。

海を渡った海外で活躍する日本人の姿を考えると、思わず応援したくなりますね。

 

スティーブ・アオキのエネルギーをゲットしよう

日本語が話せないスティーブ・アオキ。しかしきっとどこかに、日本人の真面目さ思いやりなどが残されているはずです。そんな彼の魅力をもっと知るために、これからもチェックが欠かせませんね。

関連記事

  1. さつまいもスイーツをお取り寄せ!10月13日はさつまいもの日

    2021-9-26

    さつまいもスイーツをお取り寄せ!10月13日はさつまいもの日

    さつまいものスイーツをお取り寄せしてみませんか。「sweet potato」と英語で言うように甘くて…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. さつまいもスイーツをお取り寄せ!10月13日はさつまいもの日

    2021-9-26

    さつまいもスイーツをお取り寄せ!10月13日はさつまいもの日

    さつまいものスイーツをお取り寄せしてみませんか。「sweet potato」と英語で言うように甘くて…
  2. 「BAD APPLE」GLAYの歌詞の意味と59枚目のシングルとしての魅力

    2021-9-25

    「BAD APPLE」GLAYの歌詞の意味と59枚目のシングルとしての魅力

    「BAD APPLE」GLAYの歌詞の意味については59枚目のシングルでもあり、その中に「SHINI…
  3. 桑田佳祐(炎の聖歌隊 [Choir])の歌詞の意味と曲の魅力について

    2021-9-24

    桑田佳祐(炎の聖歌隊 [Choir])の歌詞の意味と曲の魅力について

    桑田佳祐(炎の聖歌隊 [Choir])の歌詞の意味については、2作目の配信シングルとして注目したいと…
ページ上部へ戻る