レイブンズQBのラマー・ジャクソンは爆発的な身体能力が見どころ!

アメリカではいよいよフットボール(NFL)のシーズン後半に入り、どのチームがプレーオフに行くのか、巷ではとても話題になっています。

毎年2月に開催されるNFL決勝戦「スーパーボール」は、視聴率が70%を超えるような年もあるほど、アメリカの国民的なイベントとして知られています。

毎年各チームで話題になる、優秀なプレーヤーたち。今年はボルティモアレイブンズ、クォーターバックのラマー・ジャクソンが見どころです。

スポンサーリンク

 

クォーターバック(QB)とはどんなポジション?

アメリカンフットボールの花形的なポジションであるクォーターバックは、チームのリーダーのような存在で、プレーを指示してボールを投げる人のことです。

アメリカンフットボールは、攻撃側と守備側の攻め合いで、エンドゾーンと呼ばれるゴールエリアにボールを運ぶとスコアが獲得できます。

ひとつひとつのプレーで、とても重要な役割をするクォーターバックは、ランニングバックやワイドレーバーというポジションの選手めがけてボールを投げます。

強烈なタックルを受けたり、投げたボールが相手チームにとられてしまったり。あらゆる状況を瞬時に判断して、プレーをリードしなければならない大変なポジションなのです。

 

レイブンズのラマー・ジャクソンがすごい理由

ボルティモアを拠点にしているレイブンズ。このチームのクォーターバック「ラマー・ジャクソン」は飛び抜けた身体能力で、毎試合テレビで話題になるほどです。

今年のスーパーボールに行くのではないかと、噂の強豪チームとして注目されているレイブンズ。地区優勝を手にしたのは、ラマー・ジャクソンのおかげといってもよいのではないでしょうか。

通常クォーターバックは、ボールを投げることがメインの役割。しかしラマー・ジャクソンは投げる相手が見つからないと、ランニングバックのようにボールを抱えて素早く走り出します。

身体をスピンさせたり、ディフェンス選手をジャンプして飛び越えたり。今までのクォーターバックには見られない激しい動きが、エンターテイメントとしても楽しまれています。

 

子供の頃から才能があったラマー・ジャクソン

レイブンズのラマー・ジャクソンは、プロデビューした2018年からスターティングとしてプレーしています。

高校生の頃には100mもの長距離パスを投げたという記録もあり、さすがプロになる人は昔から才能が光っていたのでしょう。

現時点ではアメリカンフットボールをプレーしたことがない人、特に興味を持っていない人でも、ラマー・ジャクソンのプレーは一見の価値があると考えられますので、チャンスがあったらぜひご覧くださいね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について知っておこう!

    2024-6-20

    家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について知っておこう!

    家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味については、ドラマ主題歌として書き下ろされた曲でもあるので、注目してい…
  2. ヨルシカ「ルバート」の歌詞の意味を考察!レコードとしての魅力とは

    2024-6-18

    ヨルシカ「ルバート」の歌詞の意味を考察!レコードとしての魅力とは

    ヨルシカの「ルバート」の歌詞の意味についてはアナログ盤、レコードとしての販売ということもありとても興…
  3. 「数分間のエールを」のあらすじや公開日は?MV制作に命を懸ける人々の群像劇

    2024-6-17

    「数分間のエールを」のあらすじや公開日は?MV制作に命を懸ける人々の群像劇

    「数分間のエールを」が待望の公開となり話題を呼んでいます。こちらは、バンダイナムコフィルムワークス配…

ピックアップ記事

  1. 家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について知っておこう!

    2024-6-20

    家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味とドラマとの関連性について知っておこう!

    家入レオ「ワルツ」の歌詞の意味については、ドラマ主題歌として書き下ろされた曲でもあるので、注目してい…
  2. ヨルシカ「ルバート」の歌詞の意味を考察!レコードとしての魅力とは

    2024-6-18

    ヨルシカ「ルバート」の歌詞の意味を考察!レコードとしての魅力とは

    ヨルシカの「ルバート」の歌詞の意味についてはアナログ盤、レコードとしての販売ということもありとても興…
  3. 「数分間のエールを」のあらすじや公開日は?MV制作に命を懸ける人々の群像劇

    2024-6-17

    「数分間のエールを」のあらすじや公開日は?MV制作に命を懸ける人々の群像劇

    「数分間のエールを」が待望の公開となり話題を呼んでいます。こちらは、バンダイナムコフィルムワークス配…
ページ上部へ戻る