桑田真澄がコーチに就任!息子Mattのような個性を伸ばす育成

桑田真澄がコーチに就任!息子Mattのような個性を伸ばす育成

桑田真澄がコーチに就任するニュースが、2020年が明けてから世間を驚かせました。ジャイアンツのユニフォームを脱いで15年ぶりに、あの勇姿が戻ってきます。コーチ就任でこんなに話題になる人物はあまりいない、稀有な存在でしょう。

スポンサーリンク

 

Mattの父は偉大

タレントMattの父として、CMなどでも共演し話題になりましたが、特に若い人とにとっては、桑田真澄の偉大さを実感できない人は多いかもしれません。

桑田真澄は、1968年4月1日生まれ、大阪府八尾市出身です。PL学園で1年生から清原と桑田のKKコンビとして大活躍、甲子園に夏春5季連続して全ての大会に出場し、圧巻の20勝もしています。

1985年のドラフト会議でジャイアンツに入団し、エースとして通算173勝の活躍をしました。1995年に右肘のケガによる手術が惜しまれましたが、その後も復活を遂げ64勝しています。

 

原監督のサプライズ人事

日本シリーズでソフトバンクホークスに完敗して、重苦しい雰囲気がジャイアンツにありました。菅野智之投手の残留が決定し、さらに桑田真澄投手チーフコーチ補佐の誕生は、ファンにとって明るいニュースになったことでしょう。

12月までに新体制が確定していた後の追加人事で、サプライズ的な発表となりました。投手チーフコーチ補佐というポストも特別に用意した印象があります。

原辰徳監督の前例にとらわれない発案や実行力が、チームを常に活性化させています。原監督の後任、次期監督を育成する上でも、指導力の結果で競争をさせる起爆剤的効果も期待できるでしょう。

個性を伸ばす指導力に期待

桑田新コーチは、現役時代の実績だけでなく、野球に対する真摯な姿勢が特徴的です。培ってきた理論、分かりやすく伝える言葉など、指導者としての資質が高く、理由をしっかり説明して選手が理解して取り組むことを大事にしています。

野球選手、特に投手としては小柄な方で、少年の頃から工夫や研究を重ねて、野球道を極めてきました。現役引退後には早稲田大学大学院でスポーツ科学を学び、首席で修了し最優秀論文賞を受賞。

東京大学野球部の特別コーチを務めた経験もあり、東京大学大学院でも研究員として運動理論を追求し続けています。

大リーグで学んだ経験や肘の手術からのリハビリ経験、50歳を超えても投球できるストイックさなど、自ら実践した経験から出る説得力のある指導もできます。

息子のMattの個性を尊重した教育法も、選手の個性を考慮して、才能を上手く引き出すでしょう。桑田新コーチの背番号は73。

尊敬する藤田元司さんが、監督時代に背負っていた番号です。現役時代もエース番号18も引き継ぎました。桑田イズムもジャイアンツに継承されるでしょう。

公式サイト:https://www.giants.jp/G/player/prof_27441.html

関連記事

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…
  2. 「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2021-8-2

    「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    family「セカオワ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあることから興味深いと思う人は多い…
  3. 河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    2021-7-31

    河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    河合郁人がものまねで人気が急上昇しています。ジャニーズの5人組アイドル「A.B.C-Z」のメンバーと…
ページ上部へ戻る