石崎ひゅーい「花束」の歌詞の意味とドラマ主題歌としての魅力とは

石崎ひゅーい「花束」の歌詞の意味とドラマ主題歌としての魅力とは

石崎ひゅーい「花束」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として書き下ろされた作品でもあることから興味深いですよね。

石崎ひゅーいの曲の切なさや愛情など、心を表現している曲はいつも聴く人の心に必ず届くように感じます。

今回は石崎ひゅーいの「花束」の歌詞の意味、そしてドラマ主題歌としての魅力についてもお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

ドラマについて

「花束」が主題歌となっているのは『警視庁・捜査一課長 season6』です。このドラマのために、石崎ひゅーいが書き下ろした「花束」という曲。

彼が『警視庁・捜査一課長』の主題歌を担当するのは2021年放送の「season5」に続いて2度目になります。

内藤剛志は『花束』を素敵なタイトルだなと感じると話しています。コメントとして、暖かく祈るような歌声に感謝と祝福と結束、そして「家族」という言葉が浮かぶと。

これから出会う人、生まれてくる命、既にここにはいない人たち。こういった人々を思って待ちながら忘れずに日々を過ごすことが、生きるうえで力になる思いを感じると言っています。

石崎ひゅーいは、大切な人への思いは季節と共に育まれるけれど、季節と共に枯れるものでもあるとコメントをしています。

そしてこれを自分たちは感覚で分かってしまうのです。この1つ1つを束ねて、歌にしようと思ったとのこと。

これから訪れる季節、そして忘れられない日の景色に、この歌を重ねて聴いてほしいと話しています。

 

MVについて

「花束」のMVには、女優やモデルとして活躍中の田中芽衣が出演しています。長い期間を一緒に暮らした彼氏と別れて、新しい日々へ向かおうとする女性を演じているのです。

この曲の歌詞ともリンクする内容になっているでしょう。監督はSpiky Johnが務めています。こちらのMVを観ながら、石崎ひゅーいの世界観に浸るのも、貴重な時間になるでしょう。

 

「花束」の歌詞の意味

花を束ねるように、きっと幸せを束ねていくことができる。そうして日々を重ねていけるという夢を描いていたのです。

そしてこれは今日なのか、もしくは今日ではないのかもしれないと思っているのでしょう。もしかしたら光が足らないのが理由なのでしょうか。

でも光を与えすぎると、しおれてしまう時もあるのです。自分はいつも余裕がなくて、相槌にさえ表れてしまう。こういう自分に対して何だか嫌になってしまうのでしょう。

大切な人は「なんでもない」と言っていたけれど、きっと強がりからの言葉。そう気づいていたのに、気付かないふりをしてしまったのです。このことに対して切ない気持ちになるのでしょう。

もしあの雨の日の午後に、愛の言葉を返すことができていたとしたら同じ夜明けを見られていたかもしれない。

大切な人がこの世の中に生まれてくることができた、これを幸せだと呼べる日がきたのなら今までに見たことのない空やその青色を見られるのでしょう。

幸せがとてもたくさんある、今はその蕾の状態。だから決してしぼまないと信じていたのです。

でもまるでその代わりのように、思い出すだけで胸が痛くなるような記憶たちが、この部屋に溢れているように感じているのです。

「心配しなくていい」と優しいあの人に、本当の言葉を言えなかったという思いがあるのです。別れの言葉を伝えて忘れてしまえるほど、自分は器用ではないと感じるのでしょう。

愛に対して憧れの気持ちを持つようなことはもうないという思い。大切な人がいてくれた場所や瞬間も、いつの間にか消え去ってしまう。美しい花びらも自分の気持ちさえも。

夢から覚めれば大切な人を忘れられるのなら、そうしたい思いもあるのでしょう。今の自分にはもう何も必要はないのです。だから近くになくても大丈夫だと伝えたい。

愛の言葉をあの時の雨の午後に返していたとしたら、今は二人で一緒にいられたのでしょうか。

大切な人がいるこの世界に自分が生まれてくることができた、それを幸せと呼べる日が来るとしたら。この時には見たこともない空や、その青色を見られるかもしれません。幸せを花のように束ねられる、そうただ夢見ていた自分がいたのです。

 

小さなひとつひとつは花束になる

自分にとっての過去や大切な存在、これらは全て花のようなものかもしれません。そして束ねて花束にしていけると感じる時もあるでしょう。

でもこれができないと思う瞬間が訪れることも。このような時には、どう気持ちを切り替えて歩めばいいのか悩んでしまうかもしれません。

でももう少し時が経てば、そして違う角度から見られるようになれば、やはりこれらの日々も花束のひとつだと思えるようになるでしょう。

あの時に気付かなかったことが、後から分かる場合もあるのです。こう思うと今見えているものだけが全てではなく、過去も現在も未来も自分を作ってくれている大切な時だと感じられるはず。

このことをこの曲を聴くことにより思い出させてくれるのは、石崎ひゅーいの包容力のあるそして切なさを感じる歌声から心に届くものがあるからでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>SEKAI NO OWARI「Habit」の歌詞の意味と曲から感じる魅力とは

関連記事

  1. 「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    2022-7-2

    「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    「午前0時の森」の出演者が気になるという人もいるのでは。たまたま番組を数回見た人は、MCが変更になっ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    2022-7-2

    「午前0時の森」の出演者は?日本テレビの新トークバラエティ

    「午前0時の森」の出演者が気になるという人もいるのでは。たまたま番組を数回見た人は、MCが変更になっ…
  2. オードリーの冠番組は?多くのレギュラー番組を担う人気コンビ

    2022-7-1

    オードリーの冠番組は?多くのレギュラー番組を担う人気コンビ

    オードリーは冠番組やレギュラー番組をいくつも任され、10年以上安定した活躍を続けている人気お笑いコン…
  3. アルコ&ピースの由来は?大物感漂う平子!大ブレイクの兆しも

    2022-6-30

    アルコ&ピースの由来は?大物感漂う平子!大ブレイクの兆しも

    アルコ&ピースの由来が気になる人もいるのでは。「アルピー」の愛称で親しまれ、ラジオのパーソナリティと…
ページ上部へ戻る