藤田ニコルの出身はどこ?ギャルから魅力的な女性に劇的変化

藤田ニコルの出身はどこ?ギャルから魅力的な女性に劇的変化

藤田ニコルの出身はどこなのでしょうか。帰国子女か、ハーフという話もあります。モデルやタレントなどで活躍している藤田ニコル。

可愛らしい顔立ちと明るいキャラクターで、特に若い世代に絶大な人気を誇ります。魅力的な女性に成長し、好感度も急上昇中の藤田ニコルについて紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

藤田ニコルの出身は

本名も同じ藤田ニコル(Nicole)。「にこるん」の愛称で親しまれています。1998年2月20日生まれの22歳(A型)。出身はニュージーランドですが、3歳まで住んでいただけなので英語は話せないのです。以降は日本の埼玉県で育ちました。

父はロシアとポーランドのハーフ、母は日本人です。このためニコルもハーフということになります。ニュージーランドでは大豪邸に住んで、使用人が4人もいる裕福な生活を送っていましたが、離婚して母と二人で日本へ。

その後母は再婚し、5歳下の弟が生まれるも2度目の離婚。母と二人の子どもの貧しく厳しい生活を送ります。

 

デビューのきっかけ

名前のニコル(Nicole)と似ていると、母が買ってくれたローティーン向けファッション雑誌「nicola」。2009年小学6年生の時にニコラモデルオーディションに応募し、グランプリに選ばれます。

専属モデル(ニコモ)としてデビューしました。子どもながらに母を楽にしてあげたいという気持ちでした。最初の頃はおとなしいキャラでしたが、中学年になってギャル風にしてみると個性的で人気を得ていきました。

2014年の16歳で雑誌「Popteen」の専属モデルに、2017年の19歳からは雑誌「ViVi」の専属モデルとして活躍しています。ギャルのカリスマモデルから、年齢とともに着実にステップアップをしています。

雑誌のモデルを移るたびに、一番後輩になったという謙虚な姿勢で常に取り組んでいるのも、好感が持たれているところでしょう。

オスカー公式サイト:https://www.oscarpro.co.jp/#/profile/entry/51542

 

タレントとして開花

「にこるんビーム!」というフレーズと華やかなファッションで、ベテラン芸能人にも物怖じしないキャラクターは、タレントとしても頭角を現します。

ギャルを前面に出していたころから、梅沢富美男やテリー伊藤など、多くの大御所から可愛がられていました。芯はちゃんとしていて礼儀正しく、母を助けようとする思いがふるまいに表れていたのでしょう。

この数年でギャルを卒業し、大人の女性へと新たな魅力を出し始めています。コメントもしっかりとして、バラエティ番組などで人気です。

さらにアニメ「ポケットモンスター」で声優として、アパレルブランド「NiCORON」(ニコロン)や、コスメブランド「cimer」(シーメル)のプロデュースもおこなっていているなど、ますます活躍を広げています。写真集「好きになるよ?」も話題になりました。

 

YouTuberの藤田ニコル

「藤田ニコル」というYouTubeチャンネルを昨年開設しました。2020年6月現在およそ65万人のチャンネル登録者で、どんどん増えています。

ニコルのいろいろなメイク術や普段のニコルが見られて、身近な存在に感じられて人気があります。

関連記事

  1. 「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が始まった!キュートな作風が魅力

    2021-4-22

    「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が始まった!キュートな作風が魅力

    「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が、2021年春期から始まりました。このアニメはもともと2017…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が始まった!キュートな作風が魅力

    2021-4-22

    「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が始まった!キュートな作風が魅力

    「小林さんちのメイドラゴン」の再放送が、2021年春期から始まりました。このアニメはもともと2017…
  2. 「スーパーガール」あいみょんの歌詞の意味と魅力とは

    2021-4-21

    「スーパーガール」あいみょんの歌詞の意味と魅力とは

    「スーパーガール」あいみょんの歌詞の意味については、日本初「Amazon Original」楽曲とし…
  3. 赤ペン瀧川がドラマに出演!プロフィールを2つ持つ異才タレント

    2021-4-19

    赤ペン瀧川がドラマに出演!プロフィールを2つ持つ異才タレント

    赤ペン瀧川が、注目の新ドラマ「着飾る恋には理由があって」に出演します。赤ペン瀧川と言っても、なかには…
ページ上部へ戻る