miwaのティーンエイジドリームの歌詞の意味とMVの魅力について

miwaのティーンエイジドリームの歌詞の意味とMVの魅力について

miwaのニューシングルは両A面です。「Storyteller/ティーンエイジドリーム」をリリースしたmiwa は、ショートカットもとても似合っていて、素敵なアーティストですよね。今回はティーンエイジドリームの歌詞の意味や、MVの魅力について深く見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

ティーンエイジドリームについて

この曲は、爽やかなメロディとギターサウンドがとても印象的です。そしてテレビ東京系アニメーション「BORUTO-NARUTO NEXT GENERATIONS」のオープニングテーマとして書き下ろした曲でもあります。

この曲は10代の時に感じる衝動、そして真っすぐな思いを大切にして書かれた曲なので、この思いが込められていることに、聴いている人は感じるのではないでしょうか。

 

MVについて

今回のMVは、出演に16歳の新進女優の原菜乃華を起用しました。そして瀬戸内海を臨む広島の福山市、竹原市でロケをおこなったのです。

地元の協力を得ながら、美しい風景の中青春の切なさも描かれているので、まるで映画のように観ることができるMVです。

クライマックスでは、山麓のテーマパークの「みろくの里」を貸切にしたライブシーンのため、この場所の冬の風物詩でもあるイルミネーションは、今回の撮影のために前倒しで設営されました。

 

ティーンエイジドリームの歌詞の意味について

10代の頃は、何でもできるような気がしていました。でも10代だからこそ持つ悩みもあるのです。

この曲についても夢を見続けたいと望む思いの中、怖くなるという気持ちが描かれています。夢は叶えるもの、そして必ず叶うものだと思う気持ちもあるのでしょう。

すぐにでも叶えたいという焦りもあるのです。でも焦らなくていいとは言わないというのも、相手の気持ちを理解しているから。

抑えきれないほどの想い。そして仲間たちの笑顔。これらは全て大切な宝物です。自然に輝くことができる、これからも更に輝いていくことが予測できる美しい未来。

これに対して、自分だけが叶えることができる、このように思う曲の主人公がいるのです。大切な人の描く夢だからこそ、叶えたいと願うのでしょう。

大人は無理だと言うとしても、できるかどうか決めるのは自分。だからとにかく走ってみようと、曲を聴いていて思う人は多いでしょう。

誰かの支えが欲しい、でも不安で怖いと感じる時もある。これが10代の頃の思いなのかもしれません。この中でもひた向きに真っすぐに生きる姿が、MVの中にも描かれているのです。手を伸ばせば届かないものなんてない、そう思う気持ちが伝わってくる曲です。

 

miwaの歌唱力は素晴らしい!

miwaの小さな体から、なぜこのような声が出せるのか、そして表現についても素晴らしいと感じます。

このギャップに魅力を感じて、今もファンでいる人はとても多いかもしれません。

関連記事

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    2021-8-3

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は?今の時代に合ったテイスト

    「スロー・ジェットコースター」の最新刊は何巻なのでしょうか。この作品は講談社・デザートにて連載されて…
  2. 「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    2021-8-2

    「family」セカオワの歌詞の意味とドラマとの関連性について

    family「セカオワ」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあることから興味深いと思う人は多い…
  3. 河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    2021-7-31

    河合郁人がものまねで人気急上昇!ジャニーズ愛に溢れるジャニーズ

    河合郁人がものまねで人気が急上昇しています。ジャニーズの5人組アイドル「A.B.C-Z」のメンバーと…
ページ上部へ戻る