「空の青さを知る人よ」のあらすじと魅力について

「空の青さを知る人よ」のあらすじと魅力について

「空の青さを知る人よ」は現在公開されている映画です。大人も涙するような映画として、高い評価を受けている作品です。今回はこの映画のあらすじと魅力について、お伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

どのような映画?

アニメ監督の長井龍雪は、2013年に社会現象化された「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」にて評価を確立。

その後も「心が叫びたがってるんだ。」を2015年に発表。そして2019年の秋「あの花」「ここさけ」を一緒につくってきた脚本家の岡田麿里、キャラクターデザインと総作画監督の田中将賀と再度タッグを組みました。

それが「空の青さを知る人よ」なのです。主題歌は、あいみょんがこの作品のために書き下ろしたもの。切ないだけではなく、不思議な感覚にもさせてくれる作品になっているのです。

 

あらすじ

山に囲まれた町に住んでいる、17歳の高校2年生の相生あおい。進路を決める時期ではあるのですが、受験勉強をせずに時間があればベースを弾いています。

このような姿を見て心配をしているのが、姉のあかね。二人は13年前に両親を失っています。あかねは恋人と東京に行く予定でしたが、それを諦めて地元で就職をしました。

そして、あおいの親代わりとなって姉妹二人きりで暮らしてきたのです。あおいは自分のために、色々なことを諦めてきた姉に対して負い目を感じていました。

そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに新渡戸団吉が決定。大物歌手でもあるため、注目されることに。

このバックミュージシャンとして、登場するのが金室慎之介。この人はあかねの以前の恋人でした。

そして、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた人でもあります。密に憧れの気持ちを持っていたのです。高校を卒業した後、ずっと音信不通になっていたのですがついに帰ってくることに。

あおいの前に突然現れた、しんの。高校時代の姿のままで、過去から時間を越えてきた18歳の金室慎之介。

予想もしていなかった再会で、憧れが恋へと変わっていくのです。そして13年ぶりに再会をした、あかねと慎之介。

過去と現在はどのようにつながっていくのでしょうか。分かりやすいラブストーリーというわけではなく、もっと深みのある内容が魅力的な映画です。

 

大人も涙するアニメ映画

アニメ映画といえば、大人が観るものではないと思う人もいるかもしれません。でも実際にはそんなことはないのです。

アニメの世界だからこそ、表現できるものもあるでしょう。できれば劇場にて観るようにして、この世界を心の中に取り入れるようにしたいですね。自分自身の初恋と重なる…。そんな瞬間があるかもしれません。

 

公式サイト:https://soraaoproject.jp/

関連記事

  1. 本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    2021-6-14

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が話題になっています。本田翼が制作総指揮やプロデューサーとして手掛けるゲ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    2021-6-14

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が話題になっています。本田翼が制作総指揮やプロデューサーとして手掛けるゲ…
  2. 星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    2021-6-13

    星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    星野源「不思議」の歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあるので内容が気になる人はとても多いは…
  3. 「カノジョも彼女」のアニメの放送日は?予めストーリーを知っておこう

    2021-6-12

    「カノジョも彼女」のアニメの放送日は?予めストーリーを知っておこう

    「カノジョも彼女」のアニメが近々放送されることになりました。この作品は漫画家兼イラストレーターのヒロ…
ページ上部へ戻る