「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のあらすじとキャストとドラマの魅力とは

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のあらすじとキャストとドラマの魅力とは

公開日 2021年11月24日 最終更新日 2021年11月24日

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」は原作が人気漫画でもあるので、漫画との比較をしながら内容について深く触れるようにしたいですね。

ゴールデン帯ドラマでは初主演の田中圭の演技についても、興味深い人は多いでしょう。今回は「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のあらすじとキャスト及びドラマの魅力について分析していきましょう。

スポンサーリンク

あらすじについて

主人公の男性は、細胞医療学科の研究室に所属をして、准教授の肩書を持っています。そしてDNAの専門家でもあるのです。

DNAの研究に没頭しすぎて、周りから驚かれるような行動をする場面もあるため、変わった人という印象を持たれています。

この男性と事件を解決するために組んでいる熱血刑事がいます。お互いに正反対の性格で、刑事は直情型で涙もろい男性。

変わった性格の主人公に様々な場面にて、振り回されてしまいます。正反対だからこそ、お互いにない面を補い合うこともできるのでしょう。

そしてこれから先にどのようなバディになっていくのか、これについても見どころになっているのです。

 

キャストについて

主人公・神保仁は、とある研究室に所属している准教授。細胞の研究を行っているのですが、彼は32億桁もの配列を丸っきり記憶しているという天才なのです。

そんな神保役を演じるのは、今映画やドラマに多く出演している田中圭。温和で愛らしいキャラクターを演じることもできますし、今回のような一風変わった役どころも演じられるため、俳優としてとても魅力的です。

さらに、とある事件を解決するために神保とタッグを組むことになった熱血刑事・安堂源次は、まだ小学生の娘がいるシングルファーザーという役どころ。

安田顕の男気ある熱い演技が光りますね。この安堂源次とは、頭脳派で少し変わり者の神保に比べて、とても涙もろい人間味のあるタイプであることが特徴です。

自分とは全く違った特性を持つ神保に振り回されつつ、未解決事件に向き合っていきます。そして警視庁科学捜査研究所の所員の女性・乱原流奈役を演じるのは倉科カナ。

とても優秀であり、神保や源次ともこの先深く関わってきますので、しっかりと注目しておきたいですね。

 

ドラマの魅力について

推理にて難しい事件を解決していくミステリードラマでもありながら、DNAなどの情報について楽しく学んでいける情報ドラマでもあるのです。

更には人間同士のつながりに対して感動をするようなことも多く、ヒューマンドラマだと感じる人もいるでしょう。

このため多くの人や幅広い層が観ることにより、新鮮な気持ちになったりプラスになると思えたりするドラマでもあるのが魅力と言えるでしょう。

 

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

>>>「キン肉マン THE LOST LEGEND」のあらすじとドラマの見どころについて

 

関連記事

話題をチェック!

  1. 「ミントチョコレート」の11巻の内容とは?ストーリーや登場人物もチェック!

    2023-2-5

    「ミントチョコレート」の11巻の内容とは?ストーリーや登場人物もチェック!

    「ミントチョコレート」の11巻が間もなく発売される予定です。こちらの作品は、白泉社・LaLaにて連載…
  2. 「炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章」のゲーム内容とは?原作の概要もチェックしてみよう!

    2023-2-2

    「炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章」のゲーム内容とは?原作の概要もチェックしてみよう!

    「炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章」のゲームがリリースされ、漫画好きな人やゲーム好きな人など、様々な方面から注…
  3. 幾田りら「蒲公英」の歌詞の意味とドラマとの関連性に迫る!

    2023-1-30

    幾田りら「蒲公英」の歌詞の意味とドラマとの関連性に迫る!

    幾田りら「蒲公英」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌でもあるため注目している人は多いですよね。 …
ページ上部へ戻る