Gravityはバンプの新曲!歌詞の意味とは?アニメーション映画の主題歌に!

Gravityはバンプの新曲!歌詞の意味とは?アニメーション映画の主題歌に!

GravityはBUMP OF CHICKENの新曲です。そしてアニメーション映画の主題歌にも、使われているのです。

今回はこの曲の歌詞の意味、そして魅力についてお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

 

アニメーション映画について

この曲は「思い、思われ、ふり、ふられ」の主題歌として使われました。約1年ぶりとなる新曲である以外にも、主題歌であることにより更に注目されると想定されます。

歌詞や曲を含めて、世界観が強く押し出されているのです。そして人を包み込んでくれるような、優しさを感じさせる曲でもあるでしょう。

 

MVについて

MVのディレクターを務めたのは、林響太朗です。「Aurora」「流れ星の正体」「記念撮影」に続いて、4作目のタッグになるのです。

曲を聴いて企画を考えた監督により描かれた作品は、静かに佇む塔が舞台になっています。少年はその塔に閉じ込められているのですが、外への出口が見つかりません。

でも音楽に導かれるように少年は、階段を登り続けるのです。これについてどのような意味があるのか、それはどのような塔の中にいてもきっと出口は見つかる、そして成長することができるというもの。MVを観ることで、優しく温かい気持ちになることができるでしょう。

歌詞の意味について

日常のよくある風景の中、近くにいる人の存在を感じながら時を過ごすのです。時計を見ないようにしていたけれど、時間に気が付いてしまう。

でもこれをかき消そうとして話しては、また黙るということを繰り返すのでしょう。大切な人の影、揺れ方さえその人らしさを感じるのです。

これに対してなぜか胸が一杯になるのでしょう。見つけた言葉をいくつか繋げたとしても、遠くなってしまうのです。

一番伝えたいという想いがあり、これにより胸が苦しくなることも。でもこれら全てを飛び越えたい、そして子供のままで笑い合いたいと思っているのでしょう。

飾らないような姿があるから、つい許してしまいたくなる。もしどちらかが遠くに行ったとしたら、会えなくなってしまうかもしれない。

でも雨の日でも晴れている日でも、もし空のない世界だったとしても、明日がちゃんと来ることをただ願い続けるのです。

一緒にいられなくなったとしても一人だとしても、明日という日の中に大切な人がいることを望む自分がいるのでしょう。

 

心に染み入る楽曲

疲れたり辛いと感じたりしていたとしても、この曲を聴くと心がなぜか落ち着いてくるのです。

表現力もとても素晴らしいですね。こういう曲を聴きながら、今を乗り越えていきたいと思う人はとても多いのではないでしょうか。

関連記事

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

話題をチェック!

  1. 本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    2021-6-15

    本田望結が歌手デビュー!作詞も手掛けた「サクラクライ」

    本田望結が歌手デビューし、澄んだ歌声がきれいで話題になっています。自身で作詞も手掛けたデビュー曲は「…
  2. 本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    2021-6-14

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が6月にスタート!6カ月期間限定

    本田翼のゲーム「にょろっこ」が話題になっています。本田翼が制作総指揮やプロデューサーとして手掛けるゲ…
  3. 星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    2021-6-13

    星野源「不思議」の歌詞の意味とドラマとの関係性について

    星野源「不思議」の歌詞の意味については、人気ドラマの主題歌でもあるので内容が気になる人はとても多いは…
ページ上部へ戻る